トップへ戻る

  • TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  すこやか赤ちゃん通信

「赤ちゃんの体温調節について!」  【すこやか赤ちゃん通信】 2018-02-15 09:55 UP!

暦の上では立春を過ぎましたが、まだまだ寒い日が続いています。寒い日々を皆さんはいかがお過ごしですか?赤ちゃんを含め、家族皆さんで体調には十分お気を付けください。
寒く、乾燥した日が続きます。今月のお話は、この時期に注意が必要な「赤ちゃんの体温調節について」です。
寒い日が続くと気温の変化で赤ちゃんが体調を崩さないかどうかと心配になりますよね。寝るときに布団をかけても、赤ちゃんは足で蹴とばしてしまうことも多く、寒くないかと気になるママは多いかもしれません。
赤ちゃんが冬に寝るときの布団は、昼寝の場合は綿毛布かタオルケット、夜の就寝時は綿毛布かタオルケットに、掛け布団1枚にしましょう。さらに寒さが厳しい時は掛け布団の追加ではなく、綿毛布やタオルケットの枚数を調整しましょう。あまり重たい布団を追加すると、寝ている間に苦しくなることや、熱がこもり過ぎてしまうこともあるので注意しましょう。
赤ちゃんが頻繁に布団を蹴っているのは「暑い」というアピールの場合もあります。暖かくしてあげるのはいいことですが、朝方に冷え込むと体が冷えてしまいます。赤ちゃんは新陳代謝が活発で、寝ているだけでも汗を大量にかきます。必要以上に汗をかくことで濡れた服が冷えてしまい、体まで冷えて風邪を引きやすくなったりお腹が緩くなったりしてしまいますので注意しましょう。
赤ちゃんの寝るお部屋が寒い時には、まず寝るまでの間に部屋だけを温めておきましょう。布団の中だけ冷えている状態にならないように、布団などをめくっておき、布団の中も快適な温度を保てると良いですね。電気毛布や布団用の暖房は必要以上に温まってしまうので使用は控えましょう。
この状態で寝かせてあげれば、部屋の暖房を切ってもその間に体温で布団も温まり、快適に眠ることができます。
また、冬場など乾燥が気になる季節はお部屋の湿度調整にも気をつけましょう。乾燥はウイルスを飛散させてしまう可能性があります。インフルエンザも空気の乾燥した環境で感染しやすくなるとも言われています。部屋の湿度を55%前後に保つといいでしょう。

 寒さがまだまだ続きますが、インフルエンザや流行性胃腸炎などに気を付けてお過ごしください。

【乳児幼児健康相談】「乳児幼児健康相談」は保健福祉センター3階で実施しています。赤ちゃんの身長や体重の測定のほか、普段の生活の中での疑問、質問を保健師や栄養士に相談することもできます。お気軽にお越しください。実施日、対象月齢など詳しくは広報あつぎや市ホームページをご覧ください。


☆赤ちゃんについての様々な情報☆

子どもの予防接種
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/yobou/d026620.html

厚木市子どもインフルエンザ予防接種について(10月16日から2月28日まで実施)
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/yobou/d022755.html

「あゆコロちゃんのちっくんナビ」で予防接種の管理を!
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/yobou/d028655.html

乳児健康診査について
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/shinsa/d037728.html

乳児幼児健康相談
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/kodomo/d037724.html

※上記情報について、一部携帯電話からは表示されない可能性があります。


すこやか赤ちゃん通信の詳細について
携帯版
http://www1.city.atsugi.kanagawa.jp/cp/shiminbenri/kurasi/jouhouit/internet/mailmagazine/p004588.html

パソコン版
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/kodomo/p004366.html

「子どもの生活リズムと睡眠について」 【すこやか赤ちゃん通信】 2018-01-15 09:55 UP!

すこやか赤ちゃん通信  1月15日号
「子どもの生活リズムと睡眠について」
明けましておめでとうございます。赤ちゃんと一緒に過ごしたお正月はいかがでしたか?新しい一年が始まり、お元気にお過ごしのことと思います。寒く、乾燥した時期が続きますので、赤ちゃんを含め、家族皆さんで体調には十分注意をしましょう。
今回は生活リズムについてのお話です。生まれたばかりの赤ちゃんは、昼夜を問わずお腹が空くと目が覚め、お腹がいっぱいになって気持ち良くなると寝てしまうことの繰り返しです。特に1-2か月頃の赤ちゃんは、授乳のコツをつかむまでは1時間おきに授乳をしている、といったこともあるかもしれませんね。そのため、授乳間隔を一定にすることにはこだわらず、赤ちゃんのペースに合わせながら、赤ちゃんが寝たらお母さんも横になるなどして、上手に休養を取るようにしましょう。また、朝起きたらカーテンを開けて部屋を明るくし、夜寝るころには部屋を暗くするなど、赤ちゃんが昼夜の区別をつけやすい環境を整えることは、その後の生活リズムの基礎になるため、とても大切なことです。
3~4か月頃になると、昼夜の区別がだんだんとつくようになり、昼に目覚めている時間が長くなって、夜も比較的まとまって眠れるようになります。一方であいかわらず細切れにしか眠れない赤ちゃんもいます。そんなときには日中の暖かい時間にお散歩をしたり、赤ちゃんと遊んだりして体力を使うと、程よく疲れて入眠がスムーズになることもあります。
6~12か月頃から、睡眠のリズムも大人と同じようになってきます。お昼寝は午前午後1回ずつとる赤ちゃんが多くなりますが、眠りには個人差が大きく、あまり寝ない子もいます。しかし、昼間元気に遊んでいれば睡眠はその子なりに足りているので心配いりません。

赤ちゃんの中にはなかなか眠れない子や、眠ってもすぐに目覚め、泣いてしまう子もいます。原因として、空腹、おむつの汚れ、寝具の重さ、暑さ、衣類の締め付けなどが考えられます。その他、昼間の興奮や強い刺激、運動不足が影響していることもあります。快適に眠れるような環境を整えてあげましょう。また、脳や体の成長に欠かせない大切な各種のホルモンは、夜眠っている間に分泌されると言われており、生活リズムをきちんと整えることが大切です。         
乳児期に身についた生活リズムは、幼児期にも影響を及ぼすとも言われていますので、食事、排泄、お遊び、入浴、睡眠を意識しながら、赤ちゃんの1日の生活リズムを作っていくように心掛けましょう。

【乳児幼児健康相談】「乳児幼児健康相談」は保健福祉センター3階で実施しています。赤ちゃんの身長や体重の測定、普段の生活の中での疑問、質問を保健師や栄養士に相談することもできますので、お気軽におこしください。実施日、対象月齢など詳しくは広報あつぎや市ホームページをご覧ください。


☆赤ちゃんについての様々な情報☆

子どもの予防接種
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/yobou/d026620.html

厚木市子どもインフルエンザ予防接種について(10月16日から2月28日まで実施)
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/yobou/d022755.html

「あゆコロちゃんのちっくんナビ」で予防接種の管理を!
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/yobou/d028655.html

乳児健康診査について
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/shinsa/d037728.html

乳児幼児健康相談
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/kodomo/d037724.html

※上記情報について、一部携帯電話からは表示されない可能性があります。


すこやか赤ちゃん通信の詳細について
携帯版
http://www1.city.atsugi.kanagawa.jp/cp/shiminbenri/kurasi/jouhouit/internet/mailmagazine/p004588.html

パソコン版
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/kodomo/p004366.html

すこやか赤ちゃん通信  12月15日号
「冬場の感染性胃腸炎にご用心」

急に寒さが厳しくなってきましたが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。
今回は、「感染性胃腸炎」についてお話します。感染性胃腸炎とは、ウイルスあるいは細菌などの感染性病原体が原因になり、嘔吐や下痢を主症状とする病気です。中でも毎年冬場に流行し注意が必要なのがノロウイルスによる感染性胃腸炎です。
ノロウイルス感染は、食中毒以外はそのほとんどが経口感染によるもので、赤ちゃんは手指やおもちゃ等なんでも口にいれて確かめるため、ウイルスが口の中に入り大人よりも感染しやすくなります。
ノロウイルスの潜伏期間(感染してから発症するまでの時間)は10数時間~数日(平均24~48時間)と言われています。主な症状は、吐き気や嘔吐、下痢、腹痛、発熱などが起こり、通常は、2~3日で回復しますが、抵抗力が弱い乳幼児は、嘔吐や下痢により身体の水分が失われて脱水症状を起こすことがあります。脱水の症状は、おしっこの量や回数が減る、活気がない、皮膚に張りがない、手のひらがカサカサと乾燥しているなどがあります。
お子さんの様子をよく観察をして、これらの症状がある場合には、かかりつけ医に相談しましょう。
感染性胃腸炎の予防としては、ロタウイルスは予防接種(任意)がありますが、ノロウイルスには予防接種がありません。外出後の石鹸による手洗いやうがい、食事や調理の前の石鹸による手洗いをすることで、ご家族みんなで感染予防に努めましょう。
また、ウイルス性の胃腸炎は感染力が非常に強いので、ご家族の二次感染にも注意しなければなりません。赤ちゃんの吐いた物やうんちの中にもウイルスが含まれ、乾燥すると空気中に漂い処理をしている最中に感染してしまうことがあります。吐いた物等の処理の際にはマスクや手袋を着用しましょう。また、処理の後の手洗いは、石鹸をよく泡立て、爪の間や指先、指と指の間や手首まで洗うようにし、流水で流した後は清潔なタオル等で拭くようにしましょう。
赤ちゃんがノロウイルスにかからないように日頃から睡眠やおっぱい、ミルクで栄養を十分にとって体力の低下を防ぐことや授乳の際には哺乳びんやおっぱいなどの清潔を保つことがとても大切です。
年末年始を控え、医療機関も長期に休みとなる可能性があります。かかりつけ医の休みの期間や、年末年始の当番医等を事前に確認しておきましょう。

【インフルエンザワクチン接種の助成】
 市では、お子様のインフルエンザワクチンの接種費用の一部を助成しています。期間は平成29年10月16日~平成30年2月28日まで、対象年齢は生後6か月~小学6年生相当以下です。接種は2回(初回接種から2~4週の間隔をあけて追加接種ですが、4週あけて接種することが望ましい)で、市が1回につき1,000円を助成し、残りを保護者の方にご負担いただきます。実施医療機関での接種となり、母子健康手帳、健康保険証をお持ちいただければ特にお手続きはなく接種できます。実施医療機関については市ホームページでご確認いただくか、健康づくり課までお問い合わせください。

【乳児幼児健康相談】保健センターでは、乳児幼児健康相談を実施しています。赤ちゃんの身長や体重の測定のほか、普段の生活の中での疑問、質問を保健師や栄養士に相談することもできます。お気軽にお越しください。実施日、対象月齢など詳しくは広報あつぎや市ホームページをご覧ください。

☆赤ちゃんについての様々な情報☆

子どもの予防接種
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/yobou/d026620.html

厚木市子どもインフルエンザ予防接種について(10月16日から2月28日まで実施)
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/yobou/d022755.html

「あゆコロちゃんのちっくんナビ」で予防接種の管理を!
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/yobou/d028655.html

乳児健康診査について
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/shinsa/d037728.html

乳児幼児健康相談
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/kodomo/d037724.html

※上記情報について、一部携帯電話からは表示されない可能性があります。


すこやか赤ちゃん通信の詳細について
携帯版
http://www1.city.atsugi.kanagawa.jp/cp/shiminbenri/kurasi/jouhouit/internet/mailmagazine/p004588.html

パソコン版
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/kodomo/p004366.html