• TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  すこやか赤ちゃん通信

すこやか赤ちゃん通信 11月15日号「絵本の読み聞かせ」 【すこやか赤ちゃん通信】 2021-11-15 09:55 UP!

 朝晩冷え込むようになりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
 今回は、赤ちゃんへの絵本の読み聞かせについてお話します。
 赤ちゃんに絵本を読んであげたいけど、まだことばも分からない赤ちゃんにどのように絵本を読んであげたらいいか分からないというパパやママもいらっしゃるのではないでしょうか。絵本の読み聞かせの方法や効果などについて紹介します。
 パパやママが絵本を読む声は、赤ちゃんに安心感を与え、また、抱っこされて絵本を読んでもらうことで、赤ちゃんは温もりを感じ、リラックスでき、情緒が安定します。
 また、赤ちゃんは、字が読めませんし、ことばも分かりませんが、これは何だろう?と考えたり、想像することで、脳が刺激を受け活発化する効果があると言われています。パパやママが、絵本の場面に応じて声色や表情を変えることで、赤ちゃんは喜怒哀楽を感じ、心の変化を知ることで感情が豊かになるのです。
 さらに、ことばの発達を促すともいわれています。パパやママと赤ちゃんが同じ絵本を見ながら絵本に描かれている絵を見て共有することは、コミュニケーションの基礎となり、繰り返し聞いたことばを吸収し、近い将来、意味のあることばを話し始めることにつながります。赤ちゃんはお腹の中にいた頃のパパやママの心地よいことばの響きを覚えているため、パパやママの声で読み聞かせることがより効果的です。
 絵本を選ぶときは、赤ちゃんはまだことばを理解できないことや、視力も完全に発達していないため、文字よりも輪郭がはっきりとし、カラフルな色使いがされており、大きめの絵が出てくる絵本を選ぶと良いでしょう。また、赤ちゃんは、生まれて数か月後から色々なものを口に入れる行動が始まります。厚紙の絵本や布絵本は破れにくく、誤飲防止にもなり、指先の発達が十分ではない赤ちゃんにも扱いやすいというメリットがあります。
 めくることを楽しいという気持ち、行動が絵本への入り口です。ページをめくってしまう場合は、赤ちゃんが気に入ったページだけを一緒に見て楽しみましょう。好きな絵を見ているうちに、いつの間にか他の絵にも注目するようになる赤ちゃんもいます。いつまでたっても、他に興味が移ってしまうときは、絵本を閉じて、赤ちゃんの反応を見ながらゆっくりお話をすることから始めるのも良いですね。気長に取り組んでいくことで、じっくり見たり、聞いたりできるようになっていきます。
 まずは、パパやママが気に入った絵本を手に取り、赤ちゃんとの楽しいコミュニケーションのきっかけにしてみましょう。

【子どもインフルエンザ予防接種一部助成】厚木市では、生後6か月から小学6年生までのお子さんのインフルエンザの予防接種費用を一部助成します。実施期間は、令和3年10月18日から令和4年2月28日までです。各実施医療機関の定める金額から、1000円差し引いた金額を会計時にお支払いください。詳しくは厚木市ホームページをご覧ください。

☆新型コロナウイルス感染症に関する情報☆

新型コロナウイルス感染症に関する情報(厚木市ホームページ内)
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/iryo_fukushi/korona/index.html

新型コロナウイルス感染症の発生に伴う定期の予防接種の実施に係る対応について(厚木市ホームページ内)
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/soshiki/kenkozukurika/7/6241.html

☆乳幼児健康診査のお知らせ☆
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/iryo_fukushi/iryo_kenko/11/


☆子どもの健康教室・セミナーのお知らせ☆

離乳食マスターセミナー
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/kosodate/asobu_manabu/kyoushitsu_kouza/20551.html

パンダクラブ(2500g未満で生まれた子どもたちとその親の集いの場)
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/kosodate_kyoiku/kosodate/6/14516.html

スマイルチェリー(ふたご・みつごの子どもたちとその親の集いの場)
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/kosodate_kyoiku/kosodate/6/14515.html

すくすく応援隊(保健・栄養・歯科相談)
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/kosodate_kyoiku/kosodate/7/14496.html

☆赤ちゃんについての様々な情報☆
子どもの予防接種
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/lifescene/ninshin_shussan/19467.html

「あゆコロちゃんのちっくんナビ」で予防接種の管理を!
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/soshiki/kenkozukurika/10/2700.html

麻しん・風しんについて
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/iryo_fukushi/iryo_kenko/13/13436.html

赤ちゃんを予防できる事故から守るために
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/kurashi_tetsuzuki/anshin_anzen/2/1/4/11186.html

☆厚木市子どもインフルエンザ予防接種について☆
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/soshiki/kenkozukurika/4/8574.html

※上記情報について、一部携帯電話からは表示されない可能性があります。


すこやか赤ちゃん通信の詳細について
携帯版(メールマガジン一覧)
http://atsugimail.jp/atsugi/user/atsugi/blog/showCategory.do?blogCategoryId=12
すこやか赤ちゃん通信の登録・退会
http://atsugimail.jp/atsugi/user/atsugi/blog/showDetail.do;jsessionid=9445111DD3A47CA5477028704C41DBFC

 野山の紅葉も始まる季節となりましたが、皆さんはいかがお過ごしですか。今回は家庭内での事故予防のお話です。
 新型コロナウイルスの影響で、家庭で過ごす時間が長くなったと思います。家庭内では、窒息、誤飲、溺水、やけど、転倒・転落、といった様々な事故が起こりやすいです。しかし、事前に対策をすることで、これらの事故を予防することができます。赤ちゃんの発達に合わせた具体的な対策について紹介します。

〇生後3カ月まで
 この時期の赤ちゃんは、手足をバタつかせる程度で、大人のように体を自由に動かすことはできません。そのため、うつ伏せで寝て柔らかい寝具に顔が埋もれてしまうことや、手足を動かした際に掛布団が顔にかかり、それを一人で払えずに窒息することがあります。敷布団などの寝具は硬めものを使う、赤ちゃんが寝る周辺に柔らかい布団やぬいぐるみを置かない、目を離すときは必ず仰向けに寝かせるようにしましょう。また、ベッドの柵は上げておく、ソファーなどの高い所には寝かせないようにしましょう。
〇寝返りをはじめたら
 寝返りが始まると行動範囲が広がり、自分が欲しいおもちゃの所まで赤ちゃん自身が移動しようとします。そうすると、以前のように赤ちゃんが寝ていた周辺だけでなく、移動の環境にも注意を向けてみましょう。事故が起きることがないか注意を向けることが事故予防につながります。
 大人が目で見て確認するように、赤ちゃんは口を使ってどんな物かを確認します。そのため誤飲を起こしやすいです。赤ちゃんの口の大きさは、トイレットペーパーの穴と同じくらいとされており、穴を通る物は赤ちゃんが誤飲しやすいサイズのため、ボタンやタバコといった小さな物や、シャンプーなどの液体、小さいブロックなどのおもちゃは、赤ちゃんの手の届かない所に置きましょう。
 〇ハイハイを始めたら
 ハイハイが始まると、赤ちゃんは家の中を自由に移動できるようになります。段差のある玄関や階段、ベランダは赤ちゃんが転落する可能性があるため、入れないよう柵を付ける、鍵を掛けるといった対策をしましょう。また、ポットや炊飯器などの熱い蒸気が出る物は手の届かない所に置き、床に置いているヒーターには近づけないよう、柵で囲いましょう。
〇つかまり立ち、つたい歩きを始めたら
 立つようになると、赤ちゃんの行動範囲が縦にも広がります。赤ちゃんの手が届かないようにと片付けていた机の上の物にも注意が必要になります。机の上に置いていた物でも、赤ちゃんが手を伸ばすと届いてしまい、それを口に入れて誤飲する可能性があります。また、赤ちゃんがコード類やテーブルクロスを引っ張り、熱を持ったアイロンや熱い食べ物や飲み物が落ちて、やけどする可能性もあります。小さな物は赤ちゃんが立っても届かない高さに移動させる、硬貨やピアスなどを机の上に放置しない、コード類はまとめて整理する、テーブルクロスは使用しないようにしましょう。
 また、赤ちゃんは頭が大きくバランスを崩しやすいため、床にマットを敷く、机の角はクッションテープなどでガードするなど、転倒による怪我を防ぎましょう。
〇一人歩きを始めたら
 赤ちゃんは頭が重く、力が弱く、水などに頭が浸かってしまうと自分では起きあがれません。そのため、鼻と口を覆うだけの水でも溺れてしまうといわれています。浴槽を覗いた拍子に転落しないよう、浴槽の水は抜き、浴室には鍵を掛けましょう。また、台所はガスや熱い食べ物、包丁などやけどや怪我をする可能性があるため、柵をして入れないようにしましょう。

 たくさんの対策をお伝えしましたが、まだ取組んでいない対策がありましたら、できることから実践してみてください。

☆新型コロナウイルス感染症に関する情報☆

新型コロナウイルス感染症に関する情報(厚木市ホームページ内)
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/iryo_fukushi/korona/index.html

新型コロナウイルス感染症の発生に伴う定期の予防接種の実施に係る対応について(厚木市ホームページ内)
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/soshiki/kenkozukurika/7/6241.html

☆乳幼児健康診査のお知らせ☆
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/iryo_fukushi/iryo_kenko/11/


☆子どもの健康教室・セミナーのお知らせ☆

離乳食マスターセミナー
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/kosodate/asobu_manabu/kyoushitsu_kouza/20551.html

パンダクラブ(2500g未満で生まれた子どもたちとその親の集いの場)
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/kosodate_kyoiku/kosodate/6/14516.html

スマイルチェリー(ふたご・みつごの子どもたちとその親の集いの場)
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/kosodate_kyoiku/kosodate/6/14515.html

すくすく応援隊(保健・栄養・歯科相談)
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/kosodate_kyoiku/kosodate/7/14496.html

☆赤ちゃんについての様々な情報☆
子どもの予防接種
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/lifescene/ninshin_shussan/19467.html

「あゆコロちゃんのちっくんナビ」で予防接種の管理を!
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/soshiki/kenkozukurika/10/2700.html

麻しん・風しんについて
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/iryo_fukushi/iryo_kenko/13/13436.html

赤ちゃんを予防できる事故から守るために
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/kurashi_tetsuzuki/anshin_anzen/2/1/4/11186.html

※上記情報について、一部携帯電話からは表示されない可能性があります。


すこやか赤ちゃん通信の詳細について
携帯版(メールマガジン一覧)
http://atsugimail.jp/atsugi/user/atsugi/blog/showCategory.do?blogCategoryId=12
すこやか赤ちゃん通信の登録・退会
http://atsugimail.jp/atsugi/user/atsugi/blog/showDetail.do;jsessionid=9445111DD3A47CA5477028704C41DBFC

 暦の上では秋になりましたが、まだ暑い日も続きますね。皆様いかがお過ごしでしょうか。赤ちゃんと自宅で過ごす時間が長い今だからこそできる、おうちの中で楽しむ遊びと、おもちゃについて月齢別に紹介します。
(赤ちゃんの月齢は目安ですので、赤ちゃんの様子をみながら遊び方を工夫してください。)

★4か月頃まで
生まれてすぐは、お父さん、お母さんの顔をぼんやり見ているだけですが、徐々にしっかりと見つめたり、目で追うようになっていきます。

おもちゃは、ガラガラなど振ると音が出るものが良いでしょう。お母さんやお父さんが音を鳴らしながらゆっくり動かしてあげると、赤ちゃんがガラガラを目で追いかけます。

首の座りとともに、徐々に首を左右に動かす動きが盛んになり、3か月を過ぎると、手と手を合わせ、口元に持っていきなめることができるようになってきます。首がすわる4か月頃には、赤ちゃんが目の前のおもちゃに手を伸ばすようになってきます。

ガラガラで遊ぶ時には、「音が出るね」「楽しいね」等、声を掛けてあげて、おもちゃに手を伸ばそうとしたら、赤ちゃんは自分でガラガラを握れるように持たせてあげましょう。この時期から、おもちゃをなめたり口に持っていったりします。赤ちゃんにとって口は大切な情報収集器官です。優しく見守ってあげましょう。


★5~8か月頃
欲しいものに自分から手を伸ばすようになる赤ちゃん。6か月頃には、触りたいものに手を伸ばした時に、コロンと寝返りをして、姿勢を変えることができるようになります。

お座りの姿勢もとれるようになり、始めは手で支えていますが、8か月を過ぎる頃には、手で支えなくても座れるようになってきます。この頃のお座りは、重心を崩して転倒しやすいので、クッションなどで転倒しても危険がないようにガードしてあげましょう。

指先も器用になってきますから、お座りの姿勢で小さなボールや積み木をつまんだりして遊んでみましょう。
誤飲が起こりやすい時期なので、おもちゃは口に入っても害のないものを選びます。口に入らない程度の大きさの、手で持てるボールなど、赤ちゃんが手で動かせるおもちゃがおすすめです。

★9~12か月頃
つかまり立ちをする頃は、人やおもちゃへの関心が強くなります。お母さんやお父さんが「ちょうだい」と言って両手のひらを示すと、ボールやおもちゃなど渡してくれるようになるので、お母さんたちも「ありがとう」「どうぞ」と言いながら、やりとりを楽しんでみましょう。

つたい歩きの頃には、手押し車を押すなどの体を使った遊びや、ボタン・スイッチを押す、ひっぱる、叩くなどの手を使った遊びなど、遊びの幅もひろがってきます。おもちゃは叩いて音を鳴らすものや、ボタンを押す、ティッシュや布を引き出すもの等がおすすめです。


どの月齢でも共通していることは、赤ちゃんにとって一番の遊びは、お父さん、お母さんとのコミュニケーションです。おもちゃで遊ぶ時、赤ちゃんの目を見て、赤ちゃんの表情や反応を確かめ、赤ちゃんの気持ちを代弁するように声をかけてお父さん、お母さんも楽しみならが遊んでください。
一緒に楽しい時間を共有することは、親子の絆を深め、情緒面にも良い影響をもたらします。今しかない大切な時間を、親子でゆったり過ごしてくださいね。

★お知らせ
健康づくり課では、7か月から歩く前のお子さんを対象としたセミナー「一緒に伸ばす赤ちゃんの発達~教えて!たっちやひとり歩きのコツ」を開催します。詳しくはホームページをご確認ください。


☆新型コロナウイルス感染症に関する情報☆

新型コロナウイルス感染症に関する情報(厚木市ホームページ内)
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/iryo_fukushi/korona/index.html

新型コロナウイルス感染症の発生に伴う定期の予防接種の実施に係る対応について(厚木市ホームページ内)
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/iryo_fukushi/korona/5/2/13926.html


☆乳幼児健康診査のお知らせ☆
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/iryo_fukushi/iryo_kenko/11/index.html



☆子どもの健康教室・セミナーのお知らせ☆

一緒に伸ばす赤ちゃんの発達「教えて!たっちやひとり歩きのコツ」
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/soshiki/kenkozukurika/3/3/24995.html

離乳食マスターセミナー
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/iryo_fukushi/iryo_kenko/7/25429.html

パンダクラブ(2500g未満で生まれた子どもたちとその親の集いの場)
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/kosodate/asobu_manabu/kyoushitsu_kouza/20550.html

スマイルチェリー(ふたご・みつごの子どもたちとその親の集いの場)
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/kosodate/asobu_manabu/kyoushitsu_kouza/20549.html


☆赤ちゃんについての様々な情報☆
子どもの予防接種
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/soshiki/kenkozukurika/10/6723.html

「あゆコロちゃんのちっくんナビ」で予防接種の管理を!
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/iryo_fukushi/iryo_kenko/13/13441.html

麻しん・風しんについて
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/iryo_fukushi/iryo_kenko/13/13436.html

赤ちゃんを予防できる事故から守るために
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/kurashi_tetsuzuki/anshin_anzen/2/1/4/11186.html

※上記情報について、一部携帯電話からは表示されない可能性があります。


すこやか赤ちゃん通信の詳細について
携帯版(メールマガジン一覧)
http://atsugimail.jp/atsugi/user/atsugi/blog/showCategory.do?blogCategoryId=12
すこやか赤ちゃん通信の登録・退会
http://atsugimail.jp/atsugi/user/atsugi/blog/showDetail.do;jsessionid=9445111DD3A47CA5477028704C41DBFC