トップへ戻る

  • TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  ゲートキーパーフォローアップ講座 こころのひだまりcafe

こころのひだまりCafe~ゲートキーパーフォローアップ講座~ 【ゲートキーパーフォローアップ講座 こころのひだまりcafe】 2017-11-15 12:15 UP!

11月は木々が赤や黄色に染まり、日本の美しい自然風景を見ることができます。
秋の静けさの中で、来年の抱負を考え始めてもいいですね。
 
◆TALKの原則・りはあさる◆
--------------------------------------------------
★「TALKの原則」
死にたいと打ち明けられたり、自殺の危険を感じた時の対応であり、
コミュニケーションの重要な4つの要素の頭文字をとっています。
Tell:「あなたのことをとても心配しています」と伝える
Ask:はっきりと「自殺することまで考えていますか?」と誠実に尋ねる
Listen:「聴く」悩んでいる人の言葉を傾聴する
Keep safe:「安全を確保」し、適切な援助を求める

★「りはあさる」
メンタルヘルスの問題を抱える人に対して、適切な初期支援を行うための5つのステップです。
り:リスク評価
  自傷・他害のリスクをチェックしましょう
は:はんだん、批評せずに話を聞く
  判断・批判せずに話を聞きましょう
あ:あんしん、情報を与える
  安心と情報を伝えましょう
さ:サポートを得るように勧める
  適切な専門家のもとへ行くように伝えましょう
る:セルフヘルプ
  自分で対応できる対処法を勧めましょう

◆セルフケアのためのコミュニケーション法2(アサーション「上手に断る」)◆
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
同僚に頼まれた資料作りや、近所からお願いされた庭木の手入れなど、
周囲の要請に応えすぎて無理をしていると、自分が好きでやっていたことも、だんだん苦痛に感じてきます。
そんな時は、自分が本当は何を大事にしたいのかを考え、
気の進まないことを断るようにしてみましょう。
「こちらの資料も急いで準備しなければならないので、そちらはお願いしてもいいですか?」
「大切な庭木を傷つけては申し訳ないので、今後は手入れをお引き受けできませんが、うちに咲いている花でよければ、いつでも切って差し上げますよ。」
できること、できないことを整理し、理由や気持ちを添えて断ることで、自分の時間ができ気持ちにゆとりが生まれます。
自分の精神状態が良いと、周囲にも良い影響を与えます。
自分の気持ちに従って「ノー」を言うことは、相手とよりよい関係を築きたいという誠実な心の表れでもあるのです。

◆ゲートキーパー心得7◆
--------------------------------------------------
★相談を受ける時は分かりやすく、かつゆっくりと話をする
一度にまくしたてるように話すと、困難を抱えている人は困惑し、理解できない状態に陥ります。
穏やかな口調で、通常の半分くらいのスピードで話す心づもりが必要です。
相手の表情を確認しながら、一言一言、分かりやすく話すよう心がけましょう。

●●今月のゲートキーパー確認クイズ●●
パソコン:https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/dform.do?id=1510625533356
携帯電話:https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/iform.do?id=1510625533356
スマートフォン:https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/sform.do?id=1510625533356     
答えは一番下。↓↓↓

===========
 こころの健康相談
===========
12月 7日(木) 午後
12月18日(月) 午前
【ご予約】健康づくり課
TEL 046-225-2201

=========
 こころの体温計
=========
こころの不調を感じたら…
「こころの体温計」でセルフチェック!
https://fishbowlindex.jp/atsugi/demo/index.pl

●●ゲートキーパー確認クイズの答え●●
Q3 ○
Q4 ○
Q5 × 普段よりも、ゆっくりと分かりやすく話すように心がけましょう。

※本文の内容は「ゲートキーパー養成研修用テキスト(内閣府)」「ゲートキーパー手帳(神奈川県精神保健福祉センター)」を参考に作成しています。

こころのひだまりCafe~ゲートキーパーフォローアップ講座~ 【ゲートキーパーフォローアップ講座 こころのひだまりcafe】 2017-10-15 12:10 UP!

10月は地域や学校で運動会が開催されるなど、スポーツの秋を感じさせる季節ですね。
運動にはストレスを解消させ、気分をリラックスさせる効果があります。
体と一緒に心の筋肉もほぐして快適に過ごしましょう!

◆悩みを打ち明けられたら、まずはしっかり耳を傾ける(傾聴)◆
-----------------------------------まずはプライバシーが守られ、ゆっくり対話できる場所と時間を確保しましょう。
質問はできるだけ控え、相手の発言をじっくり待ち、その言葉と気持ちを先入観なく受け止めることが大切です。
 
 ★「聴き方」の具体的な行動
 1.あいづちを打つ
  「そうだったんですね」
 2.相手の言葉や思いを繰り返す
  「最近、眠れないんですね」「つらいんですね」
 3.「でも」など、相手の言葉をさえぎる言葉を使わない

◆ゲートキーパー心得6◆
-----------------------------------
★心配していることを伝える
悩んでいる様子を無視せずに、相手の状況を心配していることを伝えましょう。
たとえば、元気のない様子を「ずっと心配していたんですよ」と伝えることで、自分のことを気にかけてくれる人がいた、見守ってくれている人がそばにいたのだということが伝わり、本人の安心感につながります。

◆セルフケアのためのコミュニケーション法1(アサーション「Iメッセージ」)◆
-----------------------------------
いつも自分の言いたいことがうまく言えない、いつも相手を傷つけてしまいがち・・・コミュニケーションに悩みはつきものですね。
ここでは、アサーションと呼ばれるコミュニケーション方法の基本的な技法「I(アイ)メッセージ」を紹介します。
主語を「あなた」ではなく、「私」に変えることで、相手を批判するニュアンスがなくなり、「私」の気持ちに焦点を当てた表現に変えることができます。
たとえば、「だからあなたはダメなのよ」をIメッセージに変えると、「私はあなたがこうしてくれるとうれしいわ」となります。
いかがでしょうか。
誰でも、批判的な言われ方をすると、カチンときたり、頑なな気持ちになったりするものです。
相手の行為に対して、「私はこう思う」といったIメッセージを使うことで、お互いが気持ちのよいコミュニケーションを図れるとよいですね。

◆ゲートキーパー講演会のお知らせ◆
-----------------------------------
10月22日(日)にゲートキーパー講演会「救命救急センター24時~自殺対策の視点から~」が開催します。
東海大学医学部付属病院高度救命救急センターの精神科医による講演会と市保健師によるゲートキーパー養成講座です。
「自殺対策なんて壁が高すぎる」とは思わずに、当日お気軽にご参加ください。
時間:13時~15時20分
会場:アミューあつぎ9階 ホール112
問合せ:厚木市健康づくり課 046-225-2201

●●今月のゲートキーパー確認クイズ●●
パソコン
https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/dform.do?id=1507856842966
携帯電話
https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/iform.do?id=1507856842966
スマートフォン
https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/sform.do?id=1507856842966
答えは一番下。↓↓↓

===========
 こころの健康相談
===========
11月 2日(木) 午後
11月20日(月) 午前
【ご予約】健康づくり課
TEL 046-225-2201

=========
 こころの体温計
=========
こころの不調を感じたら…
「こころの体温計」でセルフチェック!
https://fishbowlindex.jp/atsugi/demo/index.pl

●●ゲートキーパー確認クイズの答え●●
Q3 × 質問をできるだけ控え、じっくりと話を聴き共感することが大切です。
Q4 ○ 
Q5 ○

※本文の内容は「ゲートキーパー養成研修用テキスト(内閣府)」「ゲートキーパー手帳(神奈川県精神保健福祉センター)」「あかるい職場応援団(厚生労働省)」を参考に作成しています。

こころのひだまりCafe~ゲートキーパーフォローアップ講座~ 【ゲートキーパーフォローアップ講座 こころのひだまりcafe】 2017-09-15 12:10 UP!

 朝晩が涼しくなり、すっかり秋の気配ですね。
食欲の秋、読書の秋と言われるように、旬で栄養のあるものを食べ、好きな本を読んで、夏バテで疲れた心と体を癒しましょう。

◆悩んでいる人に、どう声をかけるか迷ったら◆
--------------------------------------------------
★周りの方の様子がいつもと違うときは、次のように声をかけてみましょう。
「眠れてますか。」
「ごはん食べれてますか。」
「なんだか辛そうだけど…。」
「どうしたの。何か悩んでいるの?よかったら話して。」
「元気なさそうだから心配なんだけど…。」
まずは「声かけ」が重要です。
話すきっかけをこちらから作ることで、悩みを抱えている人は、苦しい胸の内を語ることができ、自殺を思いとどまることも少なくありません。

◆ゲートキーパー心得5◆
--------------------------------------------------
★気持ちを受けとめる
話をしてくれたこと、死にたいくらいつらい気持ちを打ち明けてくれたことを労い、その気持ちをそのまま受けとめましょう。
たとえ、本人の失敗が原因で招いてしまった困難であっても、つらさを抱えていることに変わりはありません。
自分の気持ちを受けとめてもらえたと感じることで、少なからず心が軽くなり、解決に向けた次の一歩を踏み出す気持ちも芽生えるでしょう。

◆ストレス対処法5(身体を動かす・歌う)◆
--------------------------------------------------
身体を動かすことには、ストレスを解消する作用があります。
何となく気が晴れない、落ち込んでいる、そういった気持ちを改善することにも有効です。
特に効果的なのは、身体の中にたくさんの酸素を取り入れながら行う有酸素運動です。
軽いランニングやダンス、ウオーキングなどが相当します。
20分ほど、軽く汗ばむ程度を目安にして行ってみてください。
また、歌うことは、脳全体を活性化し、ストレスを発散することができます。
大きな声で歌えば自然に呼吸も深くなるので、スッキリ感が増します。
ちなみに、エコーを効かせて歌うとうまく聞こえるものです。
うまく聞こえると「いい気分になれる」ので、よりストレス解消効果が高まります。

●●今月のゲートキーパー確認クイズ●●
パソコン
https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/dform.do?id=1505369075076
携帯電話
https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/iform.do?id=1505369075076
スマートフォン
https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/sform.do?id=1505369075076
答えは一番下。↓↓↓

===========
 こころの健康相談
===========
10月 5日(木) 午後
10月16日(月) 午前
【ご予約】健康づくり課
TEL 046-225-2201

=========
 こころの体温計
=========
こころの不調を感じたら…
「こころの体温計」でセルフチェック!
https://fishbowlindex.jp/atsugi/demo/index.pl

●●ゲートキーパー確認クイズの答え●●
Q3 × 悩んでいる人が苦しい胸の内を語りやすいように、きっかけとなる声かけをしてあげましょう。
Q4 ○
Q5 ○

※本文の内容は「ゲートキーパー養成研修用テキスト(内閣府)」「ゲートキーパー手帳(神奈川県精神保健福祉センター)」「こころもメンテしよう(厚生労働省)」「NPO法人地域精神保健福祉機構ホームページ」を参考に作成しています。