• TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  こころのひだまり通信 ゲートキーパーフォローアップ講座

こころのひだまり通信~ゲートキーパーフォローアップ講座~ 【こころのひだまり通信 ゲートキーパーフォローアップ講座】 2021-04-15 12:10 UP!

新緑からこぼれる日差しが柔らかで心地よい季節になりました。新年度の始まりです。
ご本人やご家族が新生活を始めた方もいるかと思います。こうした環境の変化が知らないうちにストレスの要因となってしまうこともあるので、休息・栄養をしっかり取り日頃から体調を整えることが大切です。
この一年を通して、ゲートキーパーの役割や心得を再確認し、新しい知識や情報も提供しながら、皆様の活動を支えていきたいと思います。
なお、今回のメールマガジンから「こころのひだまり通信」と名称が変わりました。これからも皆様にとって有益な情報をお伝えしていきますので、よろしくお願いします。

◆ゲートキーパーとは?◆
--------------------------------------------------
★「ゲートキーパー」には「いのちの門番」という意味があります。
「ゲートキーパー」とは、こころに不調を抱えていたり、自殺を考えていたりする人のサインに気づき、悩みを聴いて必要な支援につなぐ人のことです。
★国は「自殺総合対策大綱」で、「自殺対策にかかる人材の確保、養成及び資質の向上を図る」として、ゲートキーパーの養成を挙げています。そして広く周知を行うことで、国民の約3人に1人が「ゲートキーパーについて聞いたことがあるようにする」ことを目指しています。
本市では、各公民館等でゲートキーパー養成講座を開催しています。詳しくは広報あつぎ等でご案内します。

◆ゲートキーパー手帳とリボンバッジ◆
--------------------------------------------------
★ゲートキーパー養成講座を受講された人には、「ゲートキーパー手帳」と「リボンバッジ」をお渡ししています。
ゲートキーパー手帳には、ゲートキーパーの役割や対応方法が記載されています。身近で大切な人が悩みを抱えていると感じたら、ぜひお役立てください。また、バッジのリボンの形には「結ぶ・つながる」という意味、もえぎ色には「芽生え・再生・広がり・生命の息吹」、リボンを縁取る金色には「プライド」という意味があります。
このリボンバッジには、人と人とのつながりや生きる力の回復、自分の存在価値を見失った人のプライドの回復等の願いが込められています。受講者に配布をしていますので、ぜひ、皆さまも普段からバッジを着け、ゲートキーパーの普及にご協力をお願いします。
なお、ゲートキーパー手帳は県のホームページからもご覧いただくことができます。

◆新型コロナウイルスによるストレスとゲートキーパー自身のサポート◆
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
新型コロナウイルスの流行により、私たちは恐怖や不安、事態の予測の困難さ、生活様式の変化によって大きなストレスを感じています。また、自粛生活はメンタルヘルスの維持にとって重要な人との交流の機会を減らし、強い孤立感・孤独感を生み、ストレスの解消の機会も奪われています。
自殺を考えている人の支えになることは、とても大切なことですが簡単ではありません。
ゲートキーパーの役割をするためには、自分自身のサポートが必要です。日頃からできるスト
レス対処法とゲートキーパー自身の心身のサポートについてご案内します。
1 健康的な生活を維持する
睡眠や食事のリズムを整え、規則正しい生活を心掛け、自宅でできる運動を取り入れましょう。
2 信頼できる情報を得て、情報過多を避ける
新型コロナウイルスに関する情報に接することで恐怖感や不安が増大する可能性があります。
情報過多にならないように視聴する時間を決めて、正しい情報を入手しましょう。
3 他者とのつながりを保つ
電話やオンラインなどの様々なツールを活用して、人とのつながりを保ちましょう。
4 ストレスの対処法を身につける
自分が楽しめる活動やリラックスできる時間を作りましょう。(散歩、入浴、読書、アロマなど)
5 相談する
日常生活に支障が出ている場合には、早めにかかりつけ医や保健師や精神保健福祉士等の専門職のいる行政等へ相談しましょう。

ゲートキーパーとして
▽自分一人で誰かを支えるのではなく、支える人を増やすことを考える。
▽自分が受けた相談について、どうしたらよいのか、他の人たちと一緒に考えたり、専門家の意見を聞いたりすることができるような機会を作る。
無理をせず自分のできる範囲で関わり、自分のメンタルヘルスも大切にしましょう。

◆ゲートキーパー心得1◆
--------------------------------------------------
★相手と関わるための心の準備をする
心の準備ができていないと、相手の話に動揺したり、拒絶してしまうような不適切な対応をとってしまう場合があります。
「今から相手の話を聴く」という心の準備をし、気持ちを整えておくことが大切です。

●●今月のゲートキーパー確認クイズ●●
答えは一番下。↓↓↓

https://dshinsei.e-kanagawa.lg.jp/142123-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=14719

===========
 こころの健康相談
===========
5月6日(木) 午前
5月17日(月) 午後
【ご予約】健康づくり課
TEL 046-225-2201

===============
厚木市自殺・うつ病対策webサービス
 ストレスマウンテンあつぎ
===============
過去6か月以内に経験した出来事をチェックするだけで、ストレスの蓄積度を確認できる
「ストレスマウンテンあつぎ」をぜひご利用ください。
https://stressmountain-atsugi.jp/

●●ゲートキーパー確認クイズの答え●●
Q3 ×  ゲートキーパーとはこころに不調を抱えていたり、自殺を考えていたりする人のサインに気づき、悩みを聴いて必要な支援につなぐ人の事です。悩んでいる人の代わりに悩みを解決することは役割ではありません。                  
Q4 〇
Q5 〇

※本文の内容は「ゲートキーパー養成研修用テキスト(内閣府)」「ゲートキーパー手帳(神奈川県精神保健福祉センター)」「厚生労働省ホームページ」「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行下におけるメンタルヘルスの対策指針第1版」を参考に作成しています。


【相談窓口一覧】

ひとりで悩まず相談しましょう!!

厚生労働省「まもろうよ こころ」
https://www.mhlw.go.jp/mamorouyokokoro/

いのちと暮らしの相談ナビ
http://lifelink-db.org/

神奈川県「こころなびかながわ」
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/nf5/cnt/kokoronabi.html
LINE相談「いのちのほっとライン@かながわ」
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/nf5/cnt/linesoudan.html

厚木市 相談窓口のご案内「こころ、元気ですか?」
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/iryo_fukushi/iryo_kenko/7/3/13426.html

こころのひだまりCafe~ゲートキーパーフォローアップ講座~ 【こころのひだまり通信 ゲートキーパーフォローアップ講座】 2021-03-15 12:10 UP!

桜の蕾や木の芽も、ふっくらと膨らみ、春がいよいよ近づいてきました。3月は新年度に向けて変化が続き、ストレスが多くかかる時期でもあります。季節の変わり目は、普段から不調を感じやすい方もそうでない方も体調を崩しがちです。
また、今期は感染症の流行で自粛期間も長引き、自由な行動が制限されたことから体力的にも精神的にもストレスを抱えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
やわらかい日差しを浴びながら春探しのお散歩や自宅できる軽い体操、趣味の活動でリフレッシュしてください。そして、起床後は毎日カーテンを開けて、朝日をしっかり浴びることも大切です。日光浴により体内にビタミンDが生成されて、病気への抵抗力を保つことが出来ます。日頃から、睡眠・休息・栄養をしっかりとり体の調子を整えることが心の健康にもつながります。
<ワンポイントアドバイス>
イライラした時、気分が落ち着かないとき時は、深呼吸(腹式呼吸)をしてみましょう。場所を選ばず、特別な道具を使わないので、気分を落ち着けるのにおすすめです。
1 お腹をふくらませ、鼻から息をゆっくり深く吸う
2 息を吸い込んだら2~3秒息を止める
3 お腹を引っ込めながらゆっくり鼻から息を吐く

◆「3月は自殺対策強化月間」◆
---------------------------------------------------------
3月は自殺対策基本法で定められている「自殺対策強化月間」です。毎年、自殺対策街頭キャンペーンを本厚木駅前にて実施していましたが、今年は昨年度に引き続き新型コロナウイルスの影響で中止となりました。
なお、保健福祉センター2階エレベーターホールに、自殺対策強化月間特設展示ブースを設け、ポスターやチラシ、啓発物品、各種相談窓口の案内をご用意しております。お立ち寄りの際は、ぜひ展示をご覧になり啓発物品を手にお取りください。

☆自殺対策の動向☆
---------------------------------------------------------
日本の自殺者数は、平成10年の金融危機以降年間3万人を超えていました。
国は平成18年に遺族や未遂者支援も含めた自殺対策基本法を施行し、それまで「個人の問題」とされていた自殺が、「社会の問題」として広く認識されるようになりました。
平成19年には自殺総合対策大綱が閣議決定され、国、地方公共団体、関係機関などで様々な具体的な取組がなされました。その結果、自殺者数は減少傾向に転じましたが、自殺者数は未だ年間2万人を超えており、市内でも毎年40人前後の方が自殺で命を落としており、まだまだ対策が必要な状況です。
国は、「誰もが追い込まれることのない社会」の実現を目指して、平成28年に自殺対策基本法を改正、平成29年には自殺総合対策大綱を見直ししました。
市では、平成30年に「厚木市自殺対策計画」を策定し、6つの基本施策を柱に「生きるを支える地域社会の実現」を基本理念に自殺予防に関する普及啓発や人材の育成などの自殺対策事業を市民の皆様と推進しています。
<厚木市の自殺対策基本施策>
1 地域におけるネットワークの強化
2 いのちを見守り支える人材の育成
3 自殺予防に関する啓発
4 孤立させない居場所づくり
5 相談支援体制の充実
6 こころの健康づくり


◆自殺総合対策大綱◆
---------------------------------------------------------
★基本認識
1 自殺は、その多くが追い込まれた末の死
2 自殺は、その多くが防ぐことのできる社会的な問題
3 自殺を考えている人は、何らかのサインを発していることが多い

★自殺予防するための重点施策
『早期対応の中心的役割を果たす人材を養成する』とあります。
これは皆様が担っていただいている、自殺の危険性の高い人の早期発見、早期対応を図るため、自殺の危険性を示すサインに気づき、適切な対応を図ることができる『ゲートキーパー』を養成することです。

◆自助グループについて◆
---------------------------------------------------------
1月号のメールマガジンでは、自死遺族の自助グループについて詳しくご案内いたしましたが、自助グループとは共通の課題をもった当事者による当事者のための集まりです。具体的には、アルコール依存症・薬物依存症などの依存症関連のグループ、グリーフケアと言って大切な人を亡くした方のグリーフケアのグループ、自殺でご家族を亡くした方の自死遺族の会などがあります。多くのグループは「言いっぱなし、聞きっぱなし」「ここで話されたことは外に持ち帰らない」というルールのもとで運営されており、同じ悩みを持つ方の痛みや苦しみを安心して分ち合える場所となっています。
また、自助グループでの活動はピア・カウンセリング、ピアサポートとも言われ、医師などの専門職からの治療と同じくらい、当事者の痛みや苦しみを癒し、時には治療に効果があると言われています。


◆お知らせ◆
「こころのひだまりcafe」は、ゲートキーパー養成講座のフォローアップとして、平成29年から配信してまいりましたが、より内容を充実し、令和3年4月から「こころのひだまり通信」として、引き続きゲートキーパーの皆様にとって大切な情報発信を続けていきますので、今後ともよろしくお願いします。


●●今月のゲートキーパー確認クイズ●●
答えは一番下。↓↓↓

https://dshinsei.e-kanagawa.lg.jp/142123-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=13277

============
 いのちのサポート相談
============
4月8日 (木)午前
4月19日(月)午後
【ご予約】健康づくり課
TEL 046-225-2201

==============
 ストレスマウンテンあつぎ
==============
過去6か月以内に経験した出来事をチェックするだけで、ストレスの蓄積度を確認できる
「ストレスマウンテンあつぎ」をぜひご利用ください。
https://stressmountain-atsugi.jp/


●●ゲートキーパー確認クイズの答え●●
Q3 〇
Q4 ×自殺対策基本法の基本理念には「自殺は個人的の問題だけではなく、その背景に様々な
社会的要因があり、社会的な取組として実施される」とあります。
Q5 〇

※本文の内容は「ゲートキーパー養成研修用テキスト(内閣府)」「ゲートキーパー養成指導者研修資料(神奈川県精神保健福祉センター)」「厚木市自殺対策計画(厚木市)」




【相談窓口一覧】

ひとりで悩まず相談しましょう!!
厚生労働省(市ホームページにリンクあり)
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/kokoro/d038969.html

いのちと暮らしの相談ナビ
http://lifelink-db.org/

神奈川県「こころなびかながわ」
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/nf5/cnt/kokoronabi.html
LINE相談「いのちのほっとライン@かながわ」
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/nf5/cnt/linesoudan.html

厚木市 相談窓口のご案内「こころ、元気ですか?」
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/kokoro/d038969.html

こころのひだまりCafe~ゲートキーパーフォローアップ講座~ 【こころのひだまり通信 ゲートキーパーフォローアップ講座】 2021-02-15 12:10 UP!

冬も本番、毎日寒い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか。
2月は一年の中で最も寒い時期と言われています。温かい食事から栄養、睡眠から休息をしっかりとって心と身体の免疫力をあげ、この寒い時期を乗り越えましょう。
新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が延長され、ウイルスの感染拡大に怯えながら心配な毎日をお過ごしされているかと思います。
ご自身やご家族の健康管理に留意していることかと思いますが、ストレスに負けず、強い身体づくりに心掛けましょう。
◎免疫力を上げるためには◎
 私たちの身体にある「免疫」の機能は、ウイルスなどから身体を守り、健康を維持するために必要です。免疫機能は、身体を若々しく健康に保ち、ストレスが過剰になったり生活習慣が乱れたりすると、正常に機能できなくなります。規則正しい生活に気を付けて、自立神経を整えると心と身体の健康に大きく影響します。日頃から次のことに心掛けましょう。
1 食事はバランス良く摂り、腸内環境を整えましょう。
腸内には身体全体の約7割もの免疫細胞が存在すると言われています。
腸内環境を整えることで免疫細胞の活性化につながります。
2 十分な睡眠をとりましょう。
睡眠は疲労回復するだけではなく、体内リズムを整えて自律神経の働きを促します。
3 適度な運動(ウォーキング、筋トレ)で体温を上げましょう。
筋力をアップすることで基礎代謝やエネルギー消費量が上がり、体温を上げます。
体温が上がると免疫力も上がります。


今月のテーマは「社会資源の活用について」です。
◆社会資源の活用について◆
---------------------------------------------------------
社会資源とは、私たちが「困ったときに頼ってよい人や場所」のことです。
自殺を考えている人の多くは、何らかの社会的問題や心身の問題を抱え、生活を続けていくことに困難を感じています。
社会資源の活用により、その「生きづらさ」を軽減し、解消に近づくことができるかもしれません。
自殺を考える人に社会資源を紹介する際には、その社会資源が本人にとって必要なもの、利用する価値があるものと認めてもらうことが大切です。
社会資源の「専門機関」として、警察・消防・病院・保健福祉事務所や市役所などがあります。
社会資源になる「人」では、地域の相談員・ケアマネージャー・民生委員・自助グループなどがあります。
身近なものとして、近所に住む人・家族・友人・ボランティア・ペット、そしてあなた自身も社会資源のひとつです。
厚木市では、相談窓口の一覧が載ったリーフレット「こころ、元気ですか?」を作成し配布していますので、ぜひご活用ください。
また、つなぎ先に困った時や悩んだ時は、健康づくり課(046-225-2201)までご相談ください。

☆連携の際に心がけること
支援をつなぐということが大切です。それぞれの立場でできることを行い、決して一人で抱え込まずに、顔の見える関係づくりに心掛け、支援につないでいくことが皆さんに求められることです。

☆安心・安全なまちづくり
自殺対策の目的とは、自殺で亡くなる方を減らすことだけではありません。「暮らしやすいまち・安心・安全なまち」を目指して、まちづくりをすることです。そのためには、皆さんがそれぞれの生活や役割の中で、気づき・声かけ・傾聴・つなぎ・見守りを続けることが大切です。

ゲートキーパーの心得11◆
---------------------------------------
★ゲートキーパー自身の健康管理、悩み相談も大切
支援者自身が安心して暮らせることも大切です。また、日頃から健康面にも注意を払いましょう。
休養や日頃のストレス対処も大切です。自ら困った時には信頼できる人に相談しましょう。


◆ストレス解消法8◆
----------------------------
★コミュニケーションを楽しむ
イライラしたこと、仕事の悩みなどは、誰かに話すことでスッキリすることがあります。
話を聞いてもらっただけで心の負担が減り、気持ちがラクになるものです。

●●今月のゲートキーパー確認クイズ●●
答えは一番下。↓↓↓
https://dshinsei.e-kanagawa.lg.jp/142123-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=12189

============
 いのちのサポート相談
============
3月4日 (木)午前
3月15日(月)午後
【ご予約】健康づくり課
TEL 046-225-2201

==============
 ストレスマウンテンあつぎ
==============
過去6か月以内に経験した出来事をチェックするだけで、ストレスの蓄積度を確認できる
「ストレスマウンテンあつぎ」をぜひご利用ください。
https://stressmountain-atsugi.jp/

●●ゲートキーパー確認クイズの答え●●
Q3 × 社会資源とは、私たちが「困ったときに頼ってよい人や場所」のことです。
Q4 〇
Q5 〇



※本文の内容は「ゲートキーパー養成研修用テキスト(内閣府)」「ゲートキーパー養成指導者研修資料(神奈川県精神保健福祉センター)」「ストレスマウンテンあつぎ」「厚生労働省e―ヘルスネット」
「一般財団法人日本予防医学協会ホームページ」を参考に作成しています。


【相談窓口一覧】

ひとりで悩まず相談しましょう!!
厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/mamorouyokokoro/soudan/tel/

いのちと暮らしの相談ナビ
http://lifelink-db.org/

神奈川県「こころなびかながわ」
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/nf5/cnt/kokoronabi.html
LINE相談「いのちのほっとライン@かながわ」
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/nf5/cnt/linesoudan.html


厚木市「いのちのサポート相談」
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/kokoro/d037773.html