• TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  こころのひだまり通信 ゲートキーパーフォローアップ講座

こころのひだまり通信 11月号~ゲートキーパーフォローアップ講座~ 【こころのひだまり通信 ゲートキーパーフォローアップ講座】 2022-11-15 12:10 UP!

朝晩の冷え込みも強くなり、日に日に木の葉が色とりどりに染まる風景に秋の深まりを感じ、日照時間もだんだんと短くなってくる季節になりました。日中の時間を有効活用して日差しをたっぷり浴びましょう。日差しを浴びると体内時計も整い、こころを幸せな気持ちにしてくれるホルモンも作られ、心身の健康を保つことができます。ぜひ思い思いに日中、屋外での活動を楽しんでみてください。

◆信頼関係を築くために◆
~傾聴について~
---------------------------------------------------------
★傾聴とは
傾聴とは、相手の話に耳を傾け、その言葉と気持ちを受け止めることです。相手の感情に焦点を当て、共感、支持することが大切です。信頼関係を築くためには、話し手が気持ちよく安心して話せる場づくりが求められます。

★傾聴の具体的行動
1 相づちを打つ「そうだったんですね」
2 相手の言葉や思いを繰り返す
3 「でも」など、相手の言葉をさえぎる言葉を使わない
4 十分に話を聴いてから、ねぎらいの言葉を伝える
「大変でしたね」「つらかったですね」「よくやってこられましたね」「本当にお疲れ様でしたね」
5 相手の訴えを整理して、はっきりさせる
6 先入観を持たずに聴く

★安心して話せる場づくりには
プライバシーに十分配慮し、静かに対話ができる場所とゆっくり話を聴くことができる時間の確保が必要です。やわらかい雰囲気をつくる、アイコンタクトをする、腕組みや足組みをしない、ポケットに手を入れないなど聴き手の態度にも注意が必要です。

★やってはいけないこと
1 相手が自分の問題について話し終わる前に問題の解決方法を話し始める
2 社会一般的な価値観を押し付ける
3 話題をそらす
4 激励する
5 勝手な解釈や評価、批判をする
6 質問を連発する
       
相手が自分の問題について話し終わる前に、問題の解決方法を話し始めてしまうと、相手の気持ちとしては、じっくり最後まで話を聴いてもらえなかったという気持ちが強く、助言も本人の中に入っていきません。また、死にたいと考えてしまうまでの過程には、社会一般的な価値観からは離れた価値観が見えることがありますが、批判したり自分の価値観を押しつけるようなことはせずに、本人のつらい気持ちに焦点を当ててしっかりと話を聴いてください。


◇マインドフルネス◇
---------------------------------------------------------
最近、「マインドフルネス」という言葉を耳にする機会があります。
「マインドフルネス」とは、あるがまま受け入れるこころを育てる練習のことです。
私たちは、今この瞬間を生きているようでいて、実は過去や未来のことを考えて、「心ここにあらず」の状態が多くの時間を占めています。特に、過去の失敗や未来の不安といったネガティブなことほど、考えを占める時間が長くなりがちです。
無意識のうちに自分で不安やストレスを増幅させてしまっているのです。
こうした心ここにあらずの状態から抜けだし、こころを"今"に向けた状態を「マインドフルネス」といいます。
「マインドフルネス」が心身の健康の改善に役立つと言われていますので、食事に集中して美味しく食べる、きれいな景色を眺める、好きなことに没頭するなど、一つのことに意識をして、丁寧に生活することで日々の気持ちに変化が生まれます。身近なことから始めてみましょう。


●●今月のゲートキーパー確認クイズ●●

 https://dshinsei.e-kanagawa.lg.jp/142123-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=42326

答えは一番下。↓↓↓


============
いのちのサポート相談
============
12月1日 (木)午前
12月19日(月)午後
【ご予約】健康づくり課
TEL 046-225-2201


==============
「ストレスマウンテンあつぎ」
==============
過去6か月以内に経験した出来事をチェックするだけで、自分のストレス蓄積度を確認できるウェブサービスです。スマートフォンやパソコンから気軽にご利用いただけますので、日々のストレスチェックにぜひご利用ください。
https://stressmountain-atsugi.jp/


●●ゲートキーパー確認クイズの答え●●
Q3 〇
Q4 ×相手が自分の問題について話し終わる前に、問題の解決方法を話し始めてしまうと、相手の気持ちとしては、じっくり最後まで話を聴いてもらえなかったという気持ちが強く、助言も本人の中に入っていきません。
Q5 〇

※本文の内容は「ゲートキーパー養成研修用テキスト(内閣府)」「ゲートキーパー養成指導者研修資料(神奈川県精神保健福祉センター)」「日本マインドフルネス学会HP」を参考に作成しています。

【相談窓口一覧】

ひとりで悩まず相談しましょう!!

厚生労働省
「まもろうよこころ」
https://www.mhlw.go.jp/mamorouyokokoro/
いのちと暮らしの相談ナビ
http://lifelink-db.org/

ゲートキーパー
https://www.mhlw.go.jp/mamorouyokokoro/gatekeeper/   

神奈川県
「こころナビかながわ」
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/nf5/cnt/kokoronabi.html
LINE相談「いのちのほっとライン@かながわ」
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/nf5/cnt/linesoudan.html

厚木市 
相談窓口のご案内「こころ、元気ですか?」
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/iryo_fukushi/iryo_kenko/7/3/13426.html

こころのひだまり通信 10月号~ゲートキーパーフォローアップ講座~ 【こころのひだまり通信 ゲートキーパーフォローアップ講座】 2022-10-15 12:10 UP!

山の木の葉も色づき、少しずつ秋の深まりを感じるようになってきました。「食欲の秋」「スポーツの秋」「読書の秋」「収穫の秋」「行楽の秋」と様々な秋の楽しみがあります。皆様、思い思いの秋を満喫して季節の移り変わりを楽しんでください。


◆自殺に至る危機経路◆
---------------------------------------------------------
★自殺の原因について
自殺の原因には、健康問題、経済・生活問題、家庭問題、人間関係、労働問題、学校問題など、様々なものがあります。そして、ほとんどの方が、これらの問題を複数、同時に抱え、追いつめられていたと考えられており、自殺された方は平均4つの問題を抱えていたと言われています。
例えば自営業者の方では、事業不振→多重債務→家庭不和→うつ病→自殺と言った流れで、様々な問題が同時多発的に発生し自殺に至ると考えられています。
このようなことからも、自殺は個人の問題ではなく、社会的な取り組みが必要な問題です。


◆自殺対策の目的◆
~安心安全なまちづくりをすすめる~
-------------------------------------------------------------------------------
★自殺対策の基本理念 生き心地のよい地域づくり
国は自殺対策の基本理念として「誰も自殺に追い込まれることのない社会」の実現を目指すことを挙げています。また、厚木市の自殺対策の将来像は「地域のつながりの中で誰も自殺に追い込まれることのない安心して暮らすことのできるまち あつぎ」です。市では、自殺対策を6つの基本施策として実施しており、基本施策2に「いのちを見守り支える人材の育成」があり、その中の一つに「ゲートキーパーの養成」があります。ゲートキーパーは、家族や友人、同僚など身近な人のこころの不調に気づき、見守り、必要な資源につなげる人達です。


◇自己効力感を高める◇
-------------------------------------------------------------------------------
最近耳にすることが増えた自己効力感(セルフエフィカシー)という言葉についてご案内します。自己効力感とは、心理学者のアルバート・バンデューラーが唱えた概念で、「自分はできると信じられる力」のことを指します。
自己効力感を高める為には、
(1)成功体験 自分で体験した行動の中で成功した体験 
(2)代理体験 他者が成功している体験を見て「自分にもできそうだ」と感じる事 
(3)言語的説得 目標を達成することが出来ると言葉で自分や他者から説得すること
(4)生理的情緒的高揚  不安やストレスを感じている状態ではなく、ワクワク・ドキドキといった高揚感を感じること
自己効力感は自然発生的に生じるものではなく、(1)~(4)を通じて個人が自ら作り出すものであり、成功体験による自己効力感が最も強く安定したものだと言われています。自己効力感を高めて日々の生活に潤いを与えてみてはいかかがでしょうか。

●●今月のゲートキーパー確認クイズ●●
答えは一番下。↓↓↓

https://dshinsei.e-kanagawa.lg.jp/142123-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=40676

============
 いのちのサポート相談
============
11月4日(金)午前
11月21日(月)午後
【ご予約】健康づくり課
TEL 046-225-2201

==============
 ストレスマウンテンあつぎ
==============
過去6か月以内に経験した出来事をチェックするだけで、ストレスの蓄積度を確認できる
「ストレスマウンテンあつぎ」をぜひご利用ください。
https://stressmountain-atsugi.jp/

●●ゲートキーパー確認クイズの答え●●
Q3 〇 
Q4 〇 
Q5 × 自己効力感は自らの成功体験などで高めることができます

※本文の内容は「ゲートキーパー養成研修用テキスト(内閣府)」「ゲートキーパー手帳(神奈川県精神保健福祉センター)」「厚木市自殺対策計画」「Self-efficacy :Toward a unifying theory of behavioral change .Psychological Review1977」(Bandura A.)を参考に作成しています。

【相談窓口一覧】

ひとりで悩まず相談しましょう!!

厚生労働省
「まもろうよこころ」
https://www.mhlw.go.jp/mamorouyokokoro/
いのちと暮らしの相談ナビ
http://lifelink-db.org/

ゲートキーパー
https://www.mhlw.go.jp/mamorouyokokoro/gatekeeper/   

神奈川県
「こころナビかながわ」
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/nf5/cnt/kokoronabi.html
LINE相談「いのちのほっとライン@かながわ」
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/nf5/cnt/linesoudan.html

厚木市 
相談窓口のご案内「こころ、元気ですか?」
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/iryo_fukushi/iryo_kenko/7/3/13426.html

こころのひだまり通信 9月号~ゲートキーパーフォローアップ講座~ 【こころのひだまり通信 ゲートキーパーフォローアップ講座】 2022-09-15 12:10 UP!

朝晩に吹く風もずいぶん涼しくなってきて、秋の気配が近づいてきました。皆様、夏の疲れをためていませんか。秋は、「食欲の秋」でもあります。厚木は梨やぶどうなど秋の味覚の産地でもありますので、今が旬の秋の味覚に舌鼓を打ち、夏の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。


◆「ウェルテル効果」とは◆
--------------------------------------------------------
★「ウェルテル効果」とは、マスコミの自殺報道に影響されて自殺が増える事象のことです。近年ウェルテル効果と考えられる自殺が増加しています。新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、様々な悩みや生活上の問題が生じている人や、元々自殺念慮を抱えている人など、表面張力のように「どうにか生きることに留まっていた人たち」が、相次ぐ自殺報道を受けて、自殺の方向に後押しされてしまったのではないか、と考えられています。


◆メディア関係者に向けた自殺対策推進のための手引きについて
----------------------------------------------------------------
自殺報道ガイドライン
★WHOでは『自殺対策を推進するためにメディア関係者に知ってもらいたい基礎知識2017年版』(いわゆる『自殺報道ガイドライン』)を示しています。報道機関は自殺報道ガイドラインを踏まえた自殺の報道・放送を徹底し、自殺報道が自殺を招くことのないようにしなければなりません。
自殺報道ガイドラインには自殺関連報道として「やってはいけないこと」として、放送を過度に繰り返さないことや自殺に用いた手段について明確に表現しないこと、自殺が発生した現場や場所の詳細は伝えないこと、センセーショナルな見出しは使わないこと、写真、ビデオ映像、デジタルメディアへのリンクなどは用いないこと、とあります。残念ながらこれらのガイドラインが未だ守られずに報道されている現状があり、厚生労働省からもメディアに対して注意喚起が行われ、自殺についての報道の在り方が問われています。


★厚木市の自殺予防キャンペーン活動のご案内
----------------------------------------------------------------
厚木市では自殺予防週間に合わせて、毎年9月に小田急線本厚木駅前で街頭キャンペーンを行っていましたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、今年は規模を縮小し、実施しました。
また、昨年に引き続き、各種相談窓口をまとめたリーフレットなどが入った啓発物品を、各公民館や関係窓口において配布しています。
保健福祉センター2階では、9月の「がん征圧月間」啓発コーナーと併せて、こころと体の健康づくり啓発コーナーを設けており、中央図書館においても自殺予防関連図書の展示を行っています。
お近くにお越しの際は、お立ち寄りください。


◇こころのケアとレジリエンス◇
----------------------------------------------------------------
「レジリエンス(resilience)」という言葉を聞いたことはありますか。元々は圧力をかけられた物体が元に戻ろうとする現象を意味しています。困難な状態や逆境にあって、こころがへこんでしまっても、人間はレジリエンス「元に戻ろうとする力、回復力」が働きます。強い風が吹いても柳の枝のように、しなやかに対応できる力です。ストレスについて知り、こころをケアしてレジリエンスを高めるためのヒントをご紹介します。
ストレスは、嫌なことやつらいことだけではなく、良い出来事もストレスの原因になります。また、すべてのストレスが悪者ではありません。適度なストレスは、生産性の向上、達成感を強めます。ストレスに勝つ、なくすではなく、「うまく付き合うこと」が大切です。
ストレスがたまると、こころや身体に反応が出てきます。そのサインに気づき、早めに対処することが大切です。ストレス解消法は、日や週、月や年単位で出来る方法を持つとよいと言われています。1日単位でできる方法としては、お風呂にゆっくりつかる、味わって食事を摂る、ストレッチをするなどがあり、週単位でできる方法としては、趣味を楽しむ時間をつくることなどがあります。月や年単位の長期的には、ご褒美に欲しかったものを自分に買ってあげるなどがあります。小さなことでも構いませんので、自分が喜ぶことをみつけてみましょう。


●●今月のゲートキーパー確認クイズ●●
答えは一番下。↓↓↓
https://dshinsei.e-kanagawa.lg.jp/142123-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=39517

============
 いのちのサポート相談
============
10月6日(木)午前
10月17日(月)午後
【ご予約】健康づくり課
TEL 046-225-2201

==============
 ストレスマウンテンあつぎ
==============
過去6か月以内に経験した出来事をチェックするだけで、ストレスの蓄積度を確認できる
「ストレスマウンテンあつぎ」をぜひご利用ください。
https://stressmountain-atsugi.jp/

●●ゲートキーパー確認クイズの答え●●
Q3 〇 近年ウェルテル効果と考えられる自殺が増加しています。
Q4 〇 具体的に示されていますが、未だ守られずに報道されている現状が
あります。
Q5 × ストレスは、嫌なことやつらいことだけではなく、良いことにみえることでもストレスの原因になります。

※本文の内容は「ゲートキーパー養成研修用テキスト(内閣府)」「ゲートキーパー手帳(神奈川県精神保健福祉センター)」「厚木市自殺対策計画」「新型コロナウイルス感染症等による「こころのケア」(神奈川県)」を参考に作成しています。

【相談窓口一覧】

ひとりで悩まず相談しましょう!!

厚生労働省
「まもろうよこころ」
https://www.mhlw.go.jp/mamorouyokokoro/
いのちと暮らしの相談ナビ
http://lifelink-db.org/
ゲートキーパー
https://www.mhlw.go.jp/mamorouyokokoro/gatekeeper/   
令和4年度自殺予防週間の取組
https://www.mhlw.go.jp/stf/r4_jisatsuyoboushukan.html

神奈川県
「こころナビかながわ」
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/nf5/cnt/kokoronabi.html
LINE相談「いのちのほっとライン@かながわ」
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/nf5/cnt/linesoudan.html

厚木市 
相談窓口のご案内「こころ、元気ですか?」
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/iryo_fukushi/iryo_kenko/7/3/13426.html