トップへ戻る

  • TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  すこやか赤ちゃん通信

朝晩の冷え込みが日ごとにきびしくなり、寒暖の差が大きく大人も体調を崩しやすい時期ですが皆さまはいかがお過ごしでしょうか。
今回は「赤ちゃんの体温調節について」お話しします。
赤ちゃんの体温は、37.5度以上を発熱の状態と言い、大人よりも新陳代謝が活発で平熱が少し高めです。
赤ちゃんは、大人に比べてからだが小さい割に体表面積が大きく皮下脂肪が少ないため、皮膚から熱が逃げやすい性質をもっています。
しかし体重あたりの授乳量や食事摂取量が大人より多く、からだが作る熱の量は多いことが特徴です。
今の季節は、急に寒くなることが多く寒暖の差が激しいですが、赤ちゃんが風邪をひいてはいけないと思い、衣類を多く着せたり、排泄物等でオムツを濡れたままにしたりすると、体温調節が難しくなってしまいます。室温や衣服の調整をして体温の急激な変化を避けるようママやパパが気を付けてあげましょう。お出かけをするときは、脱ぎ着がしやすい服装にしておくとよいですね。
赤ちゃんの体温を知っていますか。もし知らないという方は、時間毎に計測して平熱を知っておくとよいでしょう。授乳の後や元気に遊んだ後などは体温が上がりやすいので出来るだけ避け、朝起きた時、昼頃、夕方、寝る前の4回。平熱の測定は1日だけでなく日を置いて何回か行いましょう。
赤ちゃんは手足から熱を出して体温調節をするため、手足が冷たくなることがあり、ママやパパは「寒いのかな?」と心配になってしまうことがあるかもしれません。
そんな時は、赤ちゃんの背中に手を入れてみましょう。背中が暖かければ赤ちゃんは快適に過ごせています。逆に背中に汗をたくさんかいているようなら暖め過ぎかもしれません。衣類や空調を見直してみましょう。汗をかいたらこまめに着替えをして、水分補給をしましょう。快適に過ごせる冬場の室温は20~23℃、湿度60%くらいが目安です。
熱が出ていても、機嫌が良く、普段の授乳量や離乳食の食べ方変わらない場合は、心配がない場合が多いものです。
逆に熱が出ていて、赤ちゃんがぐったりしている、ずっとぐずっている、普段より食欲がないなど、ママやパパが赤ちゃんを観察して、「いつもと違うな」と感じた時には早めに医療機関を受診しましょう。

【子どもインフルエンザ予防接種一部助成】
厚木市では、生後6か月から小学生以下のお子さんのインフルエンザの予防接種費用を一部助成します。
平成30年10月15日から平成31年2月28日までです。実施医療機関で1回につき1000円差し引きます。詳しくは厚木市ホームページをご覧ください

【乳幼児健康相談】保健福祉センターでは、乳幼児健康相談を実施しています。赤ちゃんの身長や体重の測定のほか、普段の生活の中での疑問、質問を保健師や栄養士に相談することもできます。お気軽にお越しください。実施日、対象月齢など詳しくは広報あつぎや市ホームページをご覧ください。

☆赤ちゃんについての様々な情報☆

子どもの予防接種
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/yobou/d026620.html

「あゆコロちゃんのちっくんナビ」で予防接種の管理を!
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/yobou/d028655.html

乳児健康診査(4か月児健康診査、8から9か月児健康診査)
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/shinsa/d037728.html

平成30年度乳児幼児健康相談
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/kodomo/d037724.html

風しんについて
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/yobou/d026663.html

子どもインフルエンザについて
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/yobou/d022755.html

※上記情報について、一部携帯電話からは表示されない可能性があります。

すこやか赤ちゃん通信の詳細について
携帯版(メールマガジン一覧)
http://www1.city.atsugi.kanagawa.jp/cp/shiminbenri/kurasi/jouhouit/internet/mailmagazine/p004588.html

パソコン版
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/kodomo/p004366.html

すこやか赤ちゃん通信  10月15日号 【すこやか赤ちゃん通信】 2018-10-15 09:55 UP!

すこやか赤ちゃん通信  10月15日号
「赤ちゃんの『泣き』について」

 朝晩冷えるようになりましたが、体調をくずしてはいませんか?さて、今回は赤ちゃんの「泣き」についてのお話です。
赤ちゃんは色々な気持ちを「泣く」ことで表現します。お腹が空いた時、オムツが濡れている時、寒かったり暑かったり、
寂しい時や眠い時など・・・、泣くことには色々な理由があります。
 でも、時には理由もなく泣くこともあります。赤ちゃんが泣いているとき、なんで泣いているのかを想像し、まずは欲求を満たしてあげましょう。授乳をしてみたり、おむつを替えてみたり、衣類を調節してあげたり・・・、また、抱っこしてゆっくりしたリズムで揺らすことや、話しかけること、柔らかい布でくるんで抱っこすることなど、赤ちゃんが安心できるような工夫をしてあげましょう。
 どうしても泣きやまないときには、まずはママやパパが一息つくことが必要です。泣き止ませようと焦る気持ちが赤ちゃんに伝わり、さらに泣きが強くなるなんてこともしばしば。どんなに赤ちゃんを愛おしいと思っていても、イライラしてしまうことは誰にでもあります。
 赤ちゃんの「泣き」には特徴があるのです。それを知っていることで、泣いている赤ちゃんを前に途方にくれることが減るかもしれません。今までの研究で赤ちゃんの「泣き」には、生後1~2か月頃に泣きのピークがあることがわかっています。
 その「泣き」は何をやっても泣き止まない、激しい泣きです。1日に合計5時間以上泣くこともあります。しかし、それには必ず終わりがあって、生後5か月ぐらいにはだんだん収まってきます。それが「泣き」の特徴です。
 色んなことをしてみても泣きやまない場合は、安全な場所に赤ちゃんを寝かせて、その場を離れましょう。その場合、突然泣き止んだ時は、赤ちゃんの様子をすぐ確認する必要がありますが、泣き続けているようなら、数分おいて赤ちゃんの様子を確認しましょう。その間はママやパパは好きなことをしてなるべくリラックスしましょう。テレビをみたり、お茶を飲んだり。
 この時、赤ちゃんが泣き止まないからと言って、決して激しく揺さぶってはいけません。赤ちゃんの頭は体に比べてとても大きいため、激しく揺さぶられると、首がムチのようにしなり、頭の中に大きな回転力が加わり、脳のまわりの血管や脳の神経が引きちぎられ、重い障害を残してしまうことがあります。これを「乳幼児揺さぶられ症候群」と言います。一時的に泣き止むこともありますが、これは脳しんとうなど脳に重大なダメージを及ぼしているためであることが多いのです。激しい揺さぶりは大変危険です。絶対にやめましょう。そのためにはイライラしたら赤ちゃんから離れることをお勧めします。
 赤ちゃんは体調が悪くて泣くこともあります。なかなか泣き止まないときは、まずは体温を測ってみて、38度以上あれば医療機関を受診しましょう。熱が無くても、元気がなくぐったりしている、顔色が悪く苦しそうにしているなど普段と様子が違うと感じる時は医療機関に相談をしましょう。
 保健センターでは、お電話での育児に関する相談をお受けしています。何か困ったことがありましたら、ひとりで抱え込まず、お気軽にご相談ください。

【子どもインフルエンザ予防接種一部助成】厚木市では、生後6か月から小学生以下のお子さんのインフルエンザの予防接種
費用を一部助成します。平成30年10月15日から平成31年2月28日までです。実施医療機関で1回につき1000円差し引きます。
詳しくは厚木市ホームページをご覧ください。

☆赤ちゃんについての様々な情報☆

子どもの予防接種
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/yobou/d026620.html

「あゆコロちゃんのちっくんナビ」で予防接種の管理を!
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/yobou/d028655.html

乳児健康診査(4か月児健康診査、8から9か月児健康診査)
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/shinsa/d037728.html

平成30年度乳児幼児健康相談
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/kodomo/d037724.html

風しんについて
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/yobou/d026663.html

子どもインフルエンザについて
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/yobou/d022755.html

※上記情報について、一部携帯電話からは表示されない可能性があります。

すこやか赤ちゃん通信の詳細について
携帯版(メールマガジン一覧)
http://www1.city.atsugi.kanagawa.jp/cp/shiminbenri/kurasi/jouhouit/internet/mailmagazine/p004588.html

パソコン版
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/kodomo/p004366.html

すこやか赤ちゃん通信  9月15日号 【すこやか赤ちゃん通信】 2018-09-15 09:55 UP!

すこやか赤ちゃん通信  9月15日号
「赤ちゃんの生活リズムと睡眠について」

まだまだ残暑が厳しいですが、朝夕には多少の涼しさを感じる頃となりました。皆さまはいかがお過ごしでしょうか。今回は生活リズムと睡眠についてのお話です。
生まれたばかりの赤ちゃんは、昼夜を問わずお腹が空くと目が覚め、お腹がいっぱいになったり気持ち良くなると寝てしまうことの繰り返しです。
特に赤ちゃんが授乳のコツをつかむまでは1時間おきに授乳をしている、といったこともあるかもしれませんね。
またゲップが上手にできない、小さな物音がしたときなどいろいろな理由で泣き続けるということもあるかもしれません。
そのため、授乳感覚を一定にすることにはこだわらず、赤ちゃんのペースに合わせながら、お母さんも赤ちゃんが寝たら横になるなど休養を上手に取りましょう。
しかし、朝起きたらカーテンを開けて部屋を明るくしたり、夜寝るころには部屋を暗くする、テレビのボリュームを低くするなど、
赤ちゃんが昼夜の区別をつけやすい環境を整えることはとても大事ですね。
このように環境を整えておくことが、その後の生活リズムの基礎になります。
3~4か月頃になると、昼夜の区別がだんだんとつくようになり、昼に目覚めている時間が長くなり夜も比較的まとまって眠れるようになります。
一方で相変わらず細切れにしか眠れない赤ちゃんもいます。そんなときには日中の暖かい時間にお散歩をしたり、赤ちゃんと遊んだりして体力を使うと、
程よく疲れて入眠がスムーズになる赤ちゃんもいます。
6~12か月頃から、睡眠の深さのリズムも大人と同じようになってきます。お昼寝は、午前午後1回ずつとる赤ちゃんが多くなりますが、
眠りには個人差が大きく、あまり寝ない子もいます。しかし、昼間元気に遊んでいれば睡眠はその子なりに足りているので心配いりません。


脳や体の成長に欠かせない大切な各種のホルモンは、夜眠っている間に分泌されると言われており、生活リズムをきちんと整えることが大切です。
また、乳児期に身についた生活リズムは、幼児期の情緒面の安定や心身の発達に影響を及ぼすとも言われていますので、食事、排泄、お遊び、入浴、睡眠を意識しながら、
赤ちゃんの1日の生活リズムを作っていくように心掛けましょう。


【乳児幼児健康相談】
保健福祉センターでは「乳児幼児健康相談」を実施しています。赤ちゃんの身長や体重の測定、普段の生活の中での疑問、
質問を保健師や栄養士に相談することもできますので、お気軽にお越しください。
実施日、対象月齢など詳しくは広報あつぎ(厚木市保健福祉センター情報満載号)や市ホームページをご覧ください。

☆赤ちゃんについての様々な情報☆

子どもの予防接種
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/yobou/d026620.html

「あゆコロちゃんのちっくんナビ」で予防接種の管理を!
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/yobou/d028655.html

乳児健康診査(4か月児健康診査、8から9か月児健康診査)
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/shinsa/d037728.html

平成30年度乳児幼児健康相談
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/kodomo/d037724.html

風しんについて
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/yobou/d026663.html

※上記情報について、一部携帯電話からは表示されない可能性があります。


すこやか赤ちゃん通信の詳細について
携帯版(メールマガジン一覧)
http://www1.city.atsugi.kanagawa.jp/cp/shiminbenri/kurasi/jouhouit/internet/mailmagazine/p004588.html

パソコン版
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/kodomo/p004366.html