トップへ戻る

  • TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  こころのひだまりcafe ゲートキーパーフォローアップ講座

こころのひだまりCafe~ゲートキーパーフォローアップ講座~ 【こころのひだまりcafe ゲートキーパーフォローアップ講座】 2020-05-15 12:11 UP!

新緑からこぼれる日差しが眩しく爽やかな季節になりました。
今年は、新型コロナウイルスの影響で普段とは随分様子の異なる日常に、心の調子を崩している方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような時には、窓を開けて太陽の光を浴び、深呼吸やストレッチなど、軽く体を動かしてリフレッシュしてはいかがでしょうか。
毎日を規則正しく過ごすように気を付けることは、不安や疲労があっても体内時計を正確に働かせて、気分を安定させるためにもとても役立ちます。
おうちで過ごす時も自分自身で毎日決まって行う日課を設定し、メリハリのある生活を心がけましょう。


◆厚木市の自殺対策の取組みについて◆
-----------------------------------
厚木市では自殺対策の取組みとして各種事業を行っていますのでぜひご活用ください。

★平成30年度に自殺対策計画を策定
計画には厚木市の自殺対策の6つの基本施策を明記しています。
そのうちの一つの施策『いのちを見守り支える人材の育成』に、ゲートキーパーの養成があります。
★毎月、原則第一木曜日、第三月曜日に臨床心理士による『いのちのサポート相談』(予約制)を実施
★電話・面接・訪問によるメンタルヘルス相談事業を保健師・精神保健福祉士で随時実施
★メンタルヘルスチェックシステム『ストレスマウンテンあつぎ』の運営
★自殺予防対策キャンペーンを9月と3月に実施
★自殺予防対策講演会を実施
★ゲートキーパー養成講座を実施
★ゲートキーパーフォローアップ講座の実施
★ゲートキーパー養成講座メールマガジンの配信(毎月15日)


◆厚木市の自殺の現状について◆
-----------------------------------
★令和元年の厚木市の自殺者数は37人で、その内訳は、男性22人、女性15人でした。厚木市の自殺者数は、平成23年の61人をピークに、平成24年以降はほぼ40人台で推移していましたが、平成30年は30人にまで減少しました。しかし、令和元年は37人と増加に転じ、今後も引き続き対策が必要な状況です。


◆セーフコミュニティ認証について◆
-----------------------------------
★「セーフコミュニティ」とは、事故やけがは、偶然の結果ではなく予防できる、という理念の下、地域住民と行政等が協働して「地域の誰もがいつまでも健康で幸せに暮らせるまち」を創ろうという取組みで、セーフコミュニティ運動は世界規模で展開されています。
「セーフコミュニティ認証」は世界保健機関(WHO)コミュニティセーフティプロモーション協働センターで、安心・安全の取組みに対して一定の基準を満たした自治体等に「セーフコミュニティ」の認証を与えています。
厚木市では、平成22年11月に日本では3番目となる認証を取得しました。平成27年には再認証を取得しており、令和2年にも再々認証の取得を目指しています。
認証項目の一つに自殺予防対策への取組みがあり、平成21年の自殺予防対策研修会の開催に始まった厚木市での自殺予防対策の継続的な取組みが評価されています。


◆ゲートキーパー心得◆
-----------------------------------
★温かみのある対応をする
悩みを抱えている人は苦労を抱え、辛い状況に陥っているため、穏やかで温かみのある対応が原則です。温かみのある対応は困難を抱えている人の大きな支援になります。




●●今月のゲートキーパー確認クイズ●●
答えは一番下。↓↓↓
https://dshinsei.e-kanagawa.lg.jp/142123-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=5539



==========
いのちのサポート相談
===========
6月4日(木) 午前
6月15日(月) 午後
【ご予約】健康づくり課
TEL 046-225-2201



===============
ストレスマウンテンあつぎ
===============
過去6か月以内に経験した出来事をチェックするだけで、ストレスの蓄積度を確認できる
「ストレスマウンテンあつぎ」をぜひご利用ください。
https://stressmountain-atsugi.jp/



●●ゲートキーパー確認クイズの答え●●
Q3 × 厚木市はで平成23年の61人をピークに、平成24年以降は40人台を推移し、平成30年は30人、令和元年は37人であった。   
Q4 〇
Q5 〇

※本文の内容は「ゲートキーパー養成研修用テキスト(内閣府)」「ゲートキーパー手帳(神奈川県精神保健福祉センター)」「厚木市ホームページ」を参考に作成しています。

こころのひだまりcafe~ゲートキーパーフォローアップ講座~ 【こころのひだまりcafe ゲートキーパーフォローアップ講座】 2020-04-15 12:11 UP!

新年度になり、あなたやご家族が新生活を始めた方もいらっしゃるかと思います。
春は変化が大きくストレスも多くかかる時季でもあります。
休息・栄養をとり日頃から体調を整えることが大切です。
ゲートキーパーのフォローアップを図るために始めたメールマガジンも、今年度で4年目を迎えます。
また、この一年を通して、ゲートキーパーの役割や心得を再確認し、新しい知識や情報も提供しながら、皆様の活動を支えていきます。


◆ゲートキーパーとは?◆
-----------------------------------
★もともと「ゲートキーパー」には「いのちの門番」という意味があります。
「ゲートキーパー」とは、こころに不調を抱えていたり、自殺を考えていたりする人のサインに気づき、悩みを聴いて必要な支援につなぐ人のことです。
★国は「自殺総合対策大綱」という指針で、「自殺対策に係る人材の確保、養成及び資質の向上を図る」として、ゲートキーパーの養成を挙げています。
そして広く周知を進めることで、「国民の約3人に1人以上がゲートキーパーについて聞いたことがあるようにすることを目指す。」としています。


◆ゲートキーパー手帳とリボンバッジ◆
-----------------------------------
★ゲートキーパー養成講座を受講された方には、ゲートキーパー手帳と金色で縁取られた萌黄色のリボンバッジをお渡ししています。
ゲートキーパー手帳には、ゲートキーパー養成講座で学んだゲートキーパーの役割や、対応方法が載っています。身近な大切な人が悩みを抱えていると感じたら、ぜひご参考にしてください。また、リボンの形には「結ぶ・つながる」という意味、萌黄色には「芽生え・再生・広がり・生命の息吹」、リボンを縁取る金色には「プライド」という意味があります。
このリボンバッジには、人と人とのつながりの広がりや生きる力の回復、自分の存在価値を見失った人のプライドの回復などの願いが込められています。
一緒にゲートキーパーの輪を広げていきましょう。

◆ゲートキーパー自身のサポート◆
-----------------------------------
★自殺を考えている人の支えになることは、とても大切なことですが簡単ではありません。
ゲートキーパーの働きをするためには、自分自身のサポートが必要です。
▽自分自身のこころが元気であること
▽自分一人で誰かを支えるのではなく、支える人を増やすこと
▽自分が受けた相談について、どうしたらよいのか、他の人たちと一緒に考えたり、専門家の意見を聞く
無理をせず自分のできる範囲で関わり、自分のメンタルヘルスも大切にしましょう。

◆ゲートキーパー心得1◆
-----------------------------------
★相手と関わるための心の準備をする
心の準備ができていないと、相手の話に動揺したり、拒絶したりしてしまうような不適切な対応をとってしまう場合があります。
「今から相手の話を聴く」という心の準備をし、気持ちを整えておくことが大切です。


●●今月のゲートキーパー確認クイズ●●
答えは一番下。↓↓↓
https://dshinsei.e-kanagawa.lg.jp/142123-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=5040

=============  
こころの健康相談(予約制)
=============
5月7日(木) 午前
5月18日(月) 午後
問い合わせ 健康づくり課
TEL 046-225-2201
(面接または電話のどちらかを選べます)

===============
ストレスマウンテンあつぎ
===============
過去6か月以内に経験した出来事をチェックするだけで、ストレスの蓄積度を確認できる
「ストレスマウンテンあつぎ」をぜひご利用ください。
https://stressmountain-atsugi.jp/

●●ゲートキーパー確認クイズの答え●●
Q3 × ゲートキーパーとはこころに不調を抱えていたり、自殺を考えていたりする人のサイン
に気づき、悩みを聞いて必要な支援につなぐ人の事です。悩んでいる人の代わりに悩みを解決することは役割ではありません。                  
Q4 〇
Q5 〇

※本文の内容は「ゲートキーパー養成研修用テキスト(内閣府)」「ゲートキーパー手帳(神奈川県精神保健福祉センター)」「厚生労働省ホームページ」を参考に作成しています。

こころのひだまり cafe~ゲートキーパーフォローアップ講座~ 【こころのひだまりcafe ゲートキーパーフォローアップ講座】 2020-03-15 12:10 UP!

-----------------------------------
□3月は自殺対策強化月間□
-----------------------------------
3月は自殺対策基本法で定められている自殺対策強化月間です。
3月は新年度に向けて変化が続き、ストレスが多くかかる時期でもあります。
季節の変わり目は、普段から体調の悪い方もそうでない方も調子を崩しがちです。
また、今期は感染症の流行とその不安で体力的にも精神的にも調子を崩している方もいらっしゃるのではないでしょうか。
気分転換の気軽な外出も難しい状況なので自宅できる軽い体操や、趣味の活動でリフレッシュしてください。
そして、毎日起床後はカーテンを開けて、朝日をしっかり浴びることも大切です。日光浴によりビタミンDが生成されて、病気への抵抗力を保つことが出来ます。
日頃から、睡眠・休息・栄養をしっかりとり体の調子を整えることが心の健康にもつながります。


☆自殺対策の動向☆
-----------------------------------
日本の自殺者数は平成10年以降年間3万人を超えていました。
そこで、国では平成18年に遺族や未遂者支援も含めた自殺対策基本法を施行し、それまで「個人の問題」とされていた自殺が、「社会の問題」として広く認識されるようになりました。
平成19年には自殺総合対策大綱が閣議決定され、国、地方公共団体、関係機関などで様々な具体的な取組がなされました。
その結果、自殺者数は減少傾向に転じましたが、自殺者数は未だ年間2万人を超えており、まだまだ対策が必要な状況です。
国は、「誰もが追い込まれることのない社会」の実現を目指して、平成28年に自殺対策基本法を改正し、平成29年には自殺総合対策大綱を見直しました。
自殺対策基本法には、自殺対策の目的や基本理念が示され、自殺総合対策大綱には具体的な取組の指針や重点施策が示されています。


◆自殺総合対策大綱◆
-----------------------------------
★基本認識
・自殺は、その多くが追い込まれた末の死
・自殺は、その多くが防ぐことのできる社会的な問題
・自殺を考えている人は、何らかのサインを発していることが多い

★自殺予防するための重点施策
『早期対応の中心的役割を果たす人材を養成する』とあります。
これは皆様が担っていただいている、自殺の危険性の高い人の早期発見、早期対応を図るため、自殺の危険性を示すサインに気づき、適切な対応を図ることができる『ゲートキーパー』を養成することです。



◆自助グループについて◆
-----------------------------------
自助グループとはセルフ・ヘルプグループの訳で、共通の課題をもった当事者による当事者のための集まりです。
具体的には、アルコール依存症・薬物依存症などの依存症関連のグループ、グリーフケアと言って大切な人を亡くした方のグリーフケアのグループ、自殺でご家族を亡くした方の自死遺族の会などがあります。
多くのグループは「言いっぱなし、聞きっぱなし」「ここで話されたことは外に持ち帰らない」というルールのもとで運営されており、同じ悩みを持つ方の痛みや苦しみを安心して分ち合える場所となっています。
また、自助グループでの活動はピア・カウンセリング、ピアサポートとも言われ、医師などの専門職からの治療と同じくらい、当事者の痛みや苦しみを癒し、時には治療に効果があると言われています。


●●今月のゲートキーパー確認クイズ●●
答えは一番下。↓↓↓

パソコン :https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/dform.do?id=1583388744902
スマートフォン :https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/sform.do?id=1583388744902

============
 いのちのサポート相談
============
4月9日 (木)午前
4月20日(月)午後
【ご予約】健康づくり課
TEL 046-225-2201

==============
 ストレスマウンテンあつぎ
==============
過去6か月以内に経験した出来事をチェックするだけで、ストレスの蓄積度を確認できる
「ストレスマウンテンあつぎ」をぜひご利用ください。
https://stressmountain-atsugi.jp/



●●ゲートキーパー確認クイズの答え●●
Q3 〇
Q4 ×自殺対策基本法の基本理念には「自殺は個人的の問題だけではなく、その背景に様々な
社会的要因があり、社会的な取組として実施される」とあります。
Q5 〇

※本文の内容は「ゲートキーパー養成研修用テキスト(内閣府)」「ゲートキーパー養成指導者研修資料(神奈川県精神保健福祉センター)」「厚木市自殺対策計画(厚木市)」