トップへ戻る

  • TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  こころのひだまりcafe ゲートキーパーフォローアップ講座

■こころのひだまりCafe■~ゲートキーパーフォローアップ講座~ 【こころのひだまりcafe ゲートキーパーフォローアップ講座】 2019-09-15 12:10 UP!

夏の暑さもやわらぎ、少しずつ秋の足音がきこえてきました。皆様、夏の疲れを引きずって、お疲れ気味ではありませんか。食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、行楽の秋と様々な秋が始まります。しっかり休息をとって夏の疲れをリセットし、皆様それぞれの秋を楽しみましょう。

◆9月10日~9月16日は自殺予防週間◆
---------------------------------------------------------
★自殺予防週間とは
自殺対策を推進するためには、自殺について、誤解や偏見をなくし、正しい知識を普及啓発することが重要です。このため、9月10日の「世界自殺予防デー」に因んで、自殺対策基本法では9月10日から9月16日までを毎年「自殺予防週間」と位置づけ、国及び地方公共団体は、啓発活動を広く展開するものとし、それにふさわしい事業を実施するよう努めるものとすることとされています。

★厚木市の自殺予防キャンペーン活動のご案内
厚木市では自殺予防週間にあわせて、9月10日に本厚木駅で街頭キャンペーンを行いました。また、9月19日(木)、9月20日(金)には「いのちの映画祭&ゲートキーパー養成講座」を開催します。ぜひ皆様ご参加ください。詳細については、厚木市ホームページをご覧ください。
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/kokoro/d039296.html

◆自殺にいたる危機経路◆
---------------------------------------------------------
★自殺の原因について
自殺の原因には、健康問題、経済・生活問題、家庭問題、人間関係、労働問題、学校問題など様々なものがあります。ほとんどの方が、これら複数の問題を同時に抱えています。自殺された方は平均4つの問題を抱えていたと言われています。このようなことからも、自殺は個人の問題ではなく社会的な取り組みが必要な問題です。


◆自殺対策の目的~安心安全なまちづくりをすすめる~
-------------------------------------------------------------

★自殺対策の基本理念~生き心地のよい地域づくり~
国の基本理念として「誰もが追い込まれることのない社会の実現を目指す」あげています。
厚木市の自殺対策の将来像は「地域のつながりの中で誰も自殺に追い込まれることのない安心して暮らすことのできるまちあつぎ」です。厚木市では自殺対策6つの基本施策を実施しています。詳しくは厚木市のホームページよりご覧ください。
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/kokoro/d043244.html


◆ストレス対処法3◆
----------------------------
★しっかり眠る
睡眠時間が長ければ良いというものではなく、その質もポイントです。大切なのは「目覚め心地のよい」睡眠かどうかです。睡眠そのものよりむしろ、日中眠気がないか、活動性や集中力を保てるかに着目しましょう。


◆ゲートキーパーの心得6◆
---------------------------------------
★心配していることを伝える
悩んでいる状況を無視せずに、相手の状況を心配していることを伝えましょう。相手の方に心配して
いることを伝えることで、相談者の悩みや辛い気持ちに真摯に向き合っていることが伝わり相談者を
孤立にさせないという意味で大切です。

●●今月のゲートキーパー確認クイズ●●
パソコン:https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/dform.do?id=1568181590031
スマートフォン:https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/sform.do?id=1568181590031

答えは一番下。↓↓↓

============
 いのちのサポート相談
============
10月10日(木)午前
10月21日(月)午後
【ご予約】健康づくり課
TEL 046-225-2201

==============
 ストレスマウンテンあつぎ
==============
過去6か月以内に経験した出来事をチェックするだけで、ストレスの蓄積度を確認できる
「ストレスマウンテンあつぎ」をぜひご利用ください。


●●ゲートキーパー確認クイズの答え●●
Q3 〇
Q4 〇
Q5 × 相手の方に心配していることを伝えることで、相談者の悩みや辛い気持ちに真摯に向き合っていることが伝わり相談者を孤立にさせないという意味で大切です。

※本文の内容は「ゲートキーパー養成研修用テキスト(内閣府)」「ゲートキーパー養成指導者研修資料(神奈川県精神保健福祉センター)」「厚木市自殺対策計画」「ストレスマウンテンあつぎ」を参考に作成しています。

こころのひだまりCafe~ゲートキーパーフォローアップ講座~ 【こころのひだまりcafe ゲートキーパーフォローアップ講座】 2019-08-15 12:10 UP!

夏まっさかり、暑い毎日を皆様いかがお過ごしですか。
旅行やレジャー、お盆の帰省など、お出かけの機会が増えますが、こまめに水分補給をしてお元気にお過ごしください。
思いっきり楽しい時間を過ごしてリフレッシュした後は、また新たな気持ちで日常のお仕事や家事、学業に取り組みましょう。

◆うつ病のサインとは◆
----------------------------------
・ 眠れない
・ 毎日の生活に充実感がない
・ 楽しんで出来ていたことが楽しめない
・ 楽にできていたことが億劫になった
・ 自分が役にたつ人間だと思えない
・ 訳もなく疲れた感じがする
・ 死について何度も考えることがある
・ 気分が落ち込んで自殺について考える

◆自殺とこころの病の関係◆
-----------------------------------
★自殺死亡者の80%以上がこころの病にかかっていた可能性が高いと言われています。もっとも多かったのは「うつ病」で約30%、「アルコール依存症」や「薬物依存症」、「統合失調症」なども少なくありません。
しかし、こころの病にかかっていた自殺者の多くは自分自身のこころの病に気づいてはおらず、適切に治療やケアが行われていなかったと考えられます。
また、がんなどの身体の病気にうつ病や適応障害が合併していることが多く、そうと気づかずにこころの病の発見が遅れる場合があります。適切な治療やケアを行うことで予防可能な自殺もあります。
 
◆うつ状態の患者が最初にかかるところは?◆
----------------------------------------------------------------
★うつ状態の患者の多くが、精神科や心療内科ではなく、最初は内科や、婦人科、整形外科などにかかっています。
その中でも約6割の方が内科を受診しています。
精神科や心療内科に抵抗がある場合は、まずはかかりつけ医や一般の病院で相談をしてみてください。
場合によってはかかりつけ医から地域の相談機関や専門機関へ連携を図ってくれることもあります。
本人の受診が難しい場合はまずはご家族が市町村や保健所へ相談する方法もあります。

◆ストレス対処法2◆
----------------------------
★入浴を楽しむ
入浴はからだを清潔にするだけではなく、疲労回復や気分をリフレッシュさせる効果があります。
特に効果的なのが、ぬるめのお湯での半身浴です。心臓への負担も少なく副交感神経が活性化されるので、ストレス解消につながります。

◆ゲートキーパーの心得5◆
-----------------------------------
★ねぎらう(いたわる)
話をしてくれること、死にたい気持ちを打ち明けてくれたことをねぎらうとよいでしょう。
自分の辛い気持ちや体験を人に話す行為はとてもエネルギーのいることです。
そのような状態で、自分を信頼してお話をしてくださったこと、今まで様々な困難を乗り越えながら今日までがんばって生きてこられたことに思いやりの心で接しましょう。
たとえ本人の失敗から至った困難でも、これまで苦労してきたことをいたわる気持ちが大切です。
相手は自分を受け入れてもらえたことで心を開き、信頼関係も深まるでしょう。

●●今月のゲートキーパー確認クイズ●●
パソコン:https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/dform.do?id=1565655788108
スマートフォン:https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/sform.do?id=1565655788108

答えは一番下。↓↓↓
============
 いのちのサポート相談
============
9月12日(木)午前
9月30日(月)午後
【ご予約】健康づくり課
TEL 046-225-2201
==============
 ストレスマウンテンあつぎ
==============
過去6か月以内に経験した出来事をチェックするだけで、ストレスの蓄積度を確認できる
「ストレスマウンテンあつぎ」をぜひご利用ください。


●●ゲートキーパー確認クイズの答え●●
Q3 〇
Q4 〇
Q5 × エネルギーの落ちている状態で自分を信頼して辛いお話をしてくれたこと、困難な状況下で今日まで生きてこられたことに思いやりのこころで接することは大切です。

※本文の内容は「ゲートキーパー養成研修用テキスト(内閣府)」「ゲートキーパー養成指導者研修資料(神奈川県精神保健福祉センター)」「厚木市自殺対策計画」「ストレスマウンテンあつぎ」を参考に作成しています。

こころのひだまりCafe~ゲートキーパーフォローアップ講座~ 【こころのひだまりcafe ゲートキーパーフォローアップ講座】 2019-07-15 12:10 UP!

そろそろ梅雨も明け、いよいよ日差しの眩しい夏がやってきます。
お日さまのように明るい気持ちで海や山のレジャー、趣味の活動を楽しみたいですね。
夏バテせずに暑い夏を乗り越えられるように、しっかり睡眠や栄養をとり、常に体調を整えて夏を満喫しましょう。

◆自殺の危険を示すサインとは?◆
------------------------------------------------
★自殺を考えている人は、悩みを抱えながらも「自殺の危険を示すサイン」を発していることが多いと言われています。
・食欲が無くなる
・不眠がちになる
・飲酒の量が増える
・突然、身辺整理を始める
・病気の治療をやめるなど投げやりになる
・いつもと違う言動(突然の感謝の言葉など)
・自殺をほのめかす言葉や「死にたい」など、自殺についてはっきりと口にする

◆自殺に傾いている人のこころの状態とは?◆
----------------------------------------------------------------
★自殺に気持ちが傾いている人には、共通する特徴があります。
▽自己肯定感が低下
 無力感、絶望感、孤立無援感に捉われている
▽思考の柔軟性を欠き、「死ぬこと」、「終わらせること」が唯一の解決法だと考えている
 =「心理的視野狭窄」
▽死んでしまいたいと思う反面、生きたいという願望が同時に存在する
 =両価性(そこから自殺のサインが漏れ出てくる)
▽自殺を図る直前は、精神疾患を抱えていることに加え、衝動に駆られていたり、解離状態(自分が自分ではないと感じる状態)にあったり、酩酊状態(お酒などにひどく酔っている状態)にあるなど、冷静な状態にはない

◆自殺の危険因子とは◆
----------------------------------
★自殺の多くは、いくつかの「危険因子」が重なり、そこにきっかけとなる出来事が加わって引き起こされます。
・家族や親しい人との死別(喪失体験)
・仕事を失う(失業、リストラ)
・経済的な問題を抱えている
・身体的な苦痛を伴う重い病気にかかる
・自殺を試みたことがある
・精神疾患(うつ病・アルコール依存症、統合失調症など)を抱えている

◆ストレス対処法1◆
----------------------------
★ギャンブル、お酒以外の趣味を持つ
スポーツに熱中する、昔の仲間と親父バンドをはじめる、家庭菜園で農作業をするなど、ストレスがあっても、没頭できる趣味があれば気分転換が可能です。
しかし、競馬やパチンコなどのギャンブルは金銭的なストレス、付き合いのゴルフは仕事のストレスにつながり、過度なお酒は心と身体の健康を害すので注意が必要です。

◆ゲートキーパーの心得4◆
---------------------------------------
★相手の話を聴く
最初に話を聴く場合には、相手が体験したことや考えていること、感じていることを十分に聴きましょう。
正しいかどうか、良いか悪いかを判断したり、批判したりしないようにしましょう。
「話を聴くだけでは何もならない」と感じる支援者もいますが、「話を聴いてもらうだけで安心した」と言われる方も多く、傾聴は危機にある人への最大の支援になります。

●●今月のゲートキーパー確認クイズ●●
パソコン
https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/dform.do?id=1562734147993
スマートフォン
https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/sform.do?id=1562734147993
答えは一番下。↓↓↓

============
 いのちのサポート相談
============
8月1日(木)午前
8月19日(月)午後
【ご予約】健康づくり課
TEL 046-225-2201

==============
 ストレスマウンテンあつぎ
==============
過去6か月以内に経験した出来事をチェックするだけで、ストレスの蓄積度を確認できる
「ストレスマウンテンあつぎ」をぜひご利用ください。


●●ゲートキーパー確認クイズの答え●●
Q3 〇 
Q4 〇
Q5 × 最初に話を聴く場合には、正否を判断したり批判したりせず、相手が考えていることや感じていることを十分に聴きましょう。

※本文の内容は「ゲートキーパー養成研修用テキスト(内閣府)」「ゲートキーパー手帳(神奈川県精神保健福祉センター)」「厚木市自殺対策計画」「ストレスマウンテンあつぎ」を参考に作成しています。