トップへ戻る

  • TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  こころのひだまりcafe ゲートキーパーフォローアップ講座

こころのひだまりCafe~ゲートキーパーフォローアップ講座~ 【こころのひだまりcafe ゲートキーパーフォローアップ講座】 2018-11-15 12:10 UP!

朝晩の冷え込みが厳しくなり、もうすっかり秋です。
良い天気の日には、タイミングを逃さずに紅葉狩りに出かけ、リフレッシュするのも良いですね。
 
◆TALKの原則・りはあさる◆
--------------------------------------------------
★「TALKの原則」
死にたいと打ち明けられたり、自殺の危険を感じた時の対応のポイントで、コミュニケーションの重要な4つの要素の頭文字を取っています。
Tell:「あなたのことをとても心配しています」と伝える
Ask:はっきりと「自殺することまで考えていますか?」と誠実に尋ねる
Listen:「聴く」悩んでいる人の言葉を傾聴する
Keep safe:「安全を確保」し、適切な援助を求める

★「りはあさる」
メンタルヘルスの問題を抱える人に対して、適切な初期支援を行うための5つのステップです。
り:リスク評価
  自傷・他害のリスクをチェックしましょう
は:はんだん、批評せずに話を聞く
  判断・批判せずに話を聞きましょう
あ:あんしん、情報を与える
  安心と情報を伝えましょう
さ:サポートを得るように勧める
  適切な専門家のもとへ行くように伝えましょう
る:セルフヘルプ
  自分で対応できる対処法を勧めましょう

★実際に自殺を考えている人に関わる時には、慌てずにゆっくりと話を聴いて、適切な医療機関や相談機関に繋げていきましょう。
どこに連絡すれば良いか分からない場合は、「こころ、元気ですか?」相談窓口案内をご活用いただくか、健康づくり課(046-225-2201)にお問い合わせください。
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/kokoro/d038969.html

◆ゲートキーパー心得7◆
--------------------------------------------------
★分かりやすく、かつゆっくりと話をする
相手が何に困っているのか、何を言いたいのかをこちらが急いで質問すると、困難を抱えている相手は、より一層困惑して理解できない状態に陥ります。
こちらが穏やかな口調で通常の半分くらいのスピードで話す心づもりが必要です。相手の表情を確認しながら、一言一言、分かりやすくゆっくりと話すよう心がけましょう。

◆「I(アイ)メッセージ」◆
----------------------------------------------------------
★I(アイ)メッセージは、主語を「あなた」ではなく、「私」に変えることを意識するコミュニケーション法です。
主語を「私」にすることで相手を批判するニュアンスがなくなるだけでなく、「私」の気持ちを自然に、かつ明確に伝えることができます。
例えば、「だからあなたはダメなのよ。」をI(アイ)メッセージに変えると、「私はあなたがこうしてくれるとうれしいわ。」となります。
他にも、子供がぐずって電車に乗り遅れてしまった場合、子供を責めるのではなく、「お母さんは、この電車に乗れなくてとても残念で悲しい。」と子供に伝えたら、子供も協力しようとする姿勢が生まれるかもしれませんね。

●●今月のゲートキーパー確認クイズ●●
パソコン
https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/dform.do?id=1542161750274
スマートフォン
https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/sform.do?id=1542161750274
答えは一番下。↓↓↓

===========
 こころの健康相談
===========
12月 6日(木) 午後
12月17日(月) 午前
【ご予約】健康づくり課
TEL 046-225-2201

===============
 ストレスマウンテンあつぎ
===============
過去6か月以内に経験した出来事をチェックするだけで、ストレスの蓄積度を確認できる
「ストレスマウンテンあつぎ」をぜひご利用ください。
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/kokoro/d042677.html

●●ゲートキーパー確認クイズの答え●●
Q3 × I(アイ)メッセージは、主語を「あなた」ではなく、「私」に変えることを意識する方法です。
Q4 ○
Q5 ○

※本文の内容は「ゲートキーパー養成研修用テキスト(内閣府)」、「ゲートキーパー手帳(神奈川県精神保健福祉センター)」「こころの耳(厚生労働省ホームページ)」を参考に作成しています。

こころのひだまりCafe~ゲートキーパーフォローアップ講座~ 【こころのひだまりcafe ゲートキーパーフォローアップ講座】 2018-10-15 12:10 UP!

10月は体育の日や運動会など、スポーツの秋を実感しますね。
健康のために習慣的な運動を始めるにも良い季節ですので、どのような運動が自分に合っているのか、いろいろ試してみるのも良いですね。
無理せずに適度な運動を続けましょう。

◆ストレス対処法5(身体を動かす・歌う)◆
----------------------------------------------------------------------
★身体を動かすことには、ストレスを解消する作用があり、落ち込んでいる気分を改善することにも有効です。
ウォーキングや軽いランニング、サイクリングやダンスなど、身体に空気を取り込みながら行う有酸素運動が、ストレス緩和に適していると言われています。
気分転換のために外に出て散歩をすることや、リラックス効果が得られる緑の多い公園で、活動的に過ごすことでも良いとされています。
運動量は、身体が温まり軽く汗ばむ程度で、「ああ、スッキリした」と思えるぐらいがちょうど良く、運動時間は1日20分を目安にして、1回にたくさん運動を行うよりも継続することが大切です。

★また、歌うことは脳全体を活性化し、ストレスを発散することができます。歌って唾液が多く出ることにより、唾液に含まれるコルチゾールの量が増えていきます。
コルチゾールとはストレスから体を守ってくれるホルモンで、量が増えることでストレスに対する抵抗力が上がります。
カラオケに行ったり、入浴中やドライブで好きな曲を歌ったりして、ストレス解消するのも良いですね。

◆悩みを打ち明けられたら、まずはしっかり耳を傾ける(傾聴)◆
--------------------------------------------------------------------------------------------------
★傾聴には、下記のようなことが大切と言われています。
・話しやすい雰囲気を作ること。
・勝手な解釈や評価、批評はやめること。
・聴き手は、自分のことのように想像しながら聴くこと。
・話し手をそのまま尊重し、受け入れること。
・聴き手が受け入れていることが、話し手に伝わること。
・質問をできるだけ控えること。
傾聴するための環境として、まずはプライバシーが守られ、ゆっくり静かに対話できる場所と時間を確保しましょう。
十分に話を聴いてから、「大変でしたね。」「つらかったですね。」「よくやってこられましたね。」など、ねぎらいの気持ちを言葉にして伝えましょう。

◆ゲートキーパー心得6◆
--------------------------------------------------
★心配していることを伝える
悩んでいる様子に気づいたら見て見ぬふりをせずに、心配していることを伝えましょう。
たとえば、調子が悪そうな様子に気づいたら「どうかしたの?」と伝えることで、自分のことを見守ってくれている人がそばにいたということが伝わり、心配事を直接的に解決しなくても、本人の安心感につながります。

●●今月のゲートキーパー確認クイズ●●
パソコン
https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/dform.do?id=1539303795263&opMode=test
スマートフォン
https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/sform.do?id=1539303795263&opMode=test
答えは一番下。↓↓↓

===========
 こころの健康相談
===========
11月 1日(木) 午後
11月19日(月) 午前
【ご予約】健康づくり課
TEL 046-225-2201

===============
 ストレスマウンテンあつぎ
===============
ストレスマウンテンは、過去6か月以内に経験した出来事をチェックするだけで、ストレスの蓄積度を確認できるウェブサービスです。
https://stressmountain-atsugi.jp/

●●ゲートキーパー確認クイズの答え●●
Q3 × 質問をできるだけ控え、じっくりと話を聴き共感することが大切です。
Q4 × 悩んでいる様子に気づいたら、見て見ぬふりをせずに声をかけることで、本人の安心感につながります。
Q5 ○

※本文の内容は「ゲートキーパー養成研修用テキスト(内閣府)」「ゲートキーパー手帳(神奈川県精神保健福祉センター)」「傾聴術(著者:小宮昇)」を参考に作成しています。

こころのひだまりCafe~ゲートキーパーフォローアップ講座~ 【こころのひだまりcafe ゲートキーパーフォローアップ講座】 2018-09-15 12:10 UP!

残暑が続いていますね。
季節の変わり目なので、体調管理には気を付けましょう。
9月は3連休がありますので、涼しい山に行くか、まだ夏気分で海に行くか迷いますね。
旬の美味しいものを食べて気分転換し、秋を大いに楽しんでいきましょう。

◆悩んでいる人に、どのように声をかけるか迷ったら◆
--------------------------------------------------
★周りの方の様子がいつもと違うときは、次のように声をかけてみましょう。
「眠れていますか。ごはん食べれていますか。」
「どうしたの?何か悩んでいるの?もしよかったら話して。」
「元気なさそうだから、心配なんだけど…。」
まずは「声かけ」が重要です。
話すきっかけをこちらから作ることで、悩みを抱えている人は、苦しい胸の内を語りやすく、自殺を思いとどまることも少なくありません。
辛そうに悩んでいる人を見ると「頑張れ!」などとつい声をかけてしまいがちですが、相手の受け取り方によっては、「頑張りがまだ足りないということかな?」と否定的な解釈をされることもありますので、励ましの声かけには注意が必要です。
励ますよりも、ねぎらうことを心がけましょう。

◆ゲートキーパー心得5◆
--------------------------------------------------
★ねぎらう・気持ちを受けとめる
「ねぎらう」とは、努力や骨折りに対して感謝する気持ちを表現することです。
相手が勇気を出して話をしてくれたこと、つらい気持ちを打ち明けてくれたことをねぎらい、その気持ちを批判せずに、まずはそのまま受けとめましょう。
たとえ、本人の失敗が原因で招いてしまった困難であっても、つらさを抱えていることに変わりはありません。
本人は気持ちを聴いてもらえた、受けとめてもらえたと感じることで、心が軽くなり、課題の解決に向けた次の一歩を踏み出す力が湧いてくるでしょう。

◆ストレス対処法4(笑い・おしゃべり)◆
--------------------------------------------------
★最近、思いっきり笑ったことがありましたか?
心の余裕を失うと笑いは少なくなり、無表情になりがちです。
笑いには自律神経のバランスを整えたり、ガン細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞を活性化させ、免疫力を正常化させたりする効果もあります。
笑いジワを気にせずに、日常的に笑顔を心がけましょう。

★誰かとおしゃべりするのも良いものですね。
心の内にある様々な不安やイライラなど今の状況や気持ちを誰かに話すことで、不思議と気分がすっきりします。
これは、自分の中に渦巻いていた悩みを言葉にすることにより、開放されるためと考えられています。
おしゃべりする方法は、メール、電話、SNSなど、色々なツールがありますので、状況に合わせて、うまく使い分けて気分転換するのも良いですね。

●●今月のゲートキーパー確認クイズ●●
パソコン
https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/dform.do?id=1536823912162
スマートフォン
https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/sform.do?id=1536823912162
答えは一番下。↓↓↓

===========
 こころの健康相談
===========
10月4日(木) 午後
10月15日(月) 午前
【ご予約】健康づくり課
TEL 046-225-2201


●●ゲートキーパー確認クイズの答え●●
Q3 × 悩んでいる人が苦しい胸の内を語りやすいように、きっかけとなる声かけをしてあげましょう。
Q4 ○
Q5 × まずは、つらい気持ちをそのまま受けとめることが大切です。

※本文の内容は「ゲートキーパー養成研修用テキスト(内閣府)」「ゲートキーパー手帳(神奈川県精神保健福祉センター)」「こころの健康 気づきのヒント集(厚生労働省)」を参考に作成しています。