トップへ戻る

  • TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  健康UP!マガジン

健康UP!マガジン 【健康UP!マガジン】 2019-12-10 08:55 UP!

●健康ワンポイントアドバイス
「適度な飲酒ってどのくらい?」
 12月は忘年会で宴会が増える時期。皆さんはお酒の適量を知っていますか?
《適度な飲酒量》
・ビール中ビンなら1本
・日本酒なら1合
・7%のチュウハイなら1缶(350ml)
 女性や高齢者、お酒に弱い(ビールコップ1杯で顔が赤くなる・吐き気・動悸・眠気・頭痛などを起こす)人は、これより少なくなります。
 お酒は、少量なら気持ちをリラックスさせてくれますが、飲みすぎると運動機能が下がってケガの原因になったり、意識障害を引き起こしたりします。適度な飲酒を心掛け、元気に年を越しましょう!
【e-ヘルスネット 飲酒のガイドライン】
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-03-003.html

●がん検診について
「検診のススメ4 ~乳がん編~」
 日本人女性の11人に1人がかかるといわれている乳がんは、早期発見・早期治療で95%以上が完治するといわれています。
《今年度からマンモグラフィ導入》
 市の施設検診に、1センチ以下のがんも見つけられる優れた検査「マンモグラフィ」を導入しました。自己触診では見つからない小さながんも発見できます。
《40代以上の女性は2年に1回検診へ》
 国の指針で、40歳以上の女性は定期的な検診が推奨されています。対象の年には市から郵送でお知らせします。必ず受けましょう!
【厚木市HP がん検診について】
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/gankensin1/gankenshin/d034624.html

●あゆコロちゃんGENKIポイント
 12月7日に開催された「ちびっこマラソン&駅伝競走大会」は30ポイント対象!中学生以下の方には参加賞もありますので、ふるってご応募ください。
 【厚木市HP あゆコロちゃんGENKIポイント】
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/ayukorochangenkipointo/index.html

●その他
 インフルエンザが流行しています!昨年度と比べて、5週間ほど早く流行が始まっています。予防のためには、ワクチン接種、外出後の手洗い・うがい、室内の湿度を50~60%に保つことなどが効果的です。
 子どもや高齢者は重症化することもあります。積極的に予防に努めましょう!
【厚木市HP インフルエンザの予防について】
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/information/d040401.html

発信元:健康長寿推進課健康医療係
    電話 046-225-2174

健康UP!マガジン 【健康UP!マガジン】 2019-11-10 08:55 UP!

●健康ワンポイントアドバイス
「救急安心カードを持とう。」
 突然ですが、皆さんは「救急安心カード」を知っていますか?
 救急安心カードとは、氏名、生年月日、血液型、持病、かかりつけの病院などを書いておくカードのことです。救急安心カードを携帯することで、急病や事故等で救急車を呼ぶようなことになった場合、駆けつけた救急隊や搬送先の医療関係者等が、処置に必要な情報を得ることができます。カードは運転免許証のサイズになっているので、お財布等に入れて携帯するのがオススメです!
 救急安心カードは、厚木市役所1階市政情報コーナーや、保健福祉センター1階受付などで配布しています。下記のホームページからダウンロードしたものを印刷して使用することもできます。いざというときのために、ぜひ救急安心カードを持ちましょう。
【厚木市HP 救急安心カードを配布します】
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/anshinanzen/syoubou/jouhou/kyukyu/d020040.html
【厚木市HP 救急医療情報セットのご案内】
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/fukushi/kourei/koureishafukushiservice/d014127.html

●がん検診について
「検診のススメ3 ~大腸がん編~」
 他のがんに比べ、近年急増している大腸がん。働き盛りの40歳くらいからかかる人が増え、日本全体で年間約13万4,000人が新たに大腸がんにかかっています。
 大腸がんは、進行するまで自覚症状がほとんどありません。症状が出た時には、すでにがんが進行していることもあります。一方、早期発見・早期治療で95%以上が治るがんとも言われています。定期的に検診を受けることが重要なのです。
 大腸がん検診は「便潜血検査」です。大腸にがんやポリープがあると、便にわずかな血が付くため、出血の有無を調べます。自宅で簡単にでき、痛みも食事制限もありません。
 厚生労働省の研究班によると、毎年大腸がん検診を受けることで死亡リスクが60~80%減るという研究結果があります。症状のない健康な時から、毎年検診を受けましょう。
【厚木市HP がん検診について】
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/gankensin1/gankenshin/d034624.html

●あゆコロちゃんGENKIポイント
 身近なことから楽しく健康づくりに取り組みましょう!
【厚木市HP あゆコロちゃんGENKIポイント】
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/ayukorochangenkipointo/index.html

発信元:健康長寿推進課健康医療係
    電話 046-225-2174

健康UP!マガジン 【健康UP!マガジン】 2019-10-10 08:55 UP!

●健康ワンポイントアドバイス
「ウォーキングを習慣づけよう。」
 暑さも落ち着き、秋らしくなりましたね。気温も下がり、ウォーキングには最適な季節です。ウォーキングは、身体とこころに様々な効果をもたらします。筋力低下の防止や脂肪燃焼につながることはもちろん、筋肉を動かすことで血液循環も良くなります。また、脳の活性化やストレスの解消など、メリットがたくさんあります。
 ウォーキングは継続が肝心です。ウォーキングの前後にはストレッチをし、ケガをしないよう気を付けましょう。特に大切なのは、適度な水分補給を心掛け、自分のペースで行うこと。無理のない範囲で、楽しくウォーキングをしましょう☆
 また、厚木市では、「健康・交流のみち」というウォーキングコースを川沿いに6コース設定しています。アプリと連動もできるウォーキングマップが、各公民館や本厚木駅連絡所(えきちょこ)内等にありますので、ぜひご活用ください。
【厚木市HP 健康・交流のみちづくり実施計画の概要】
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/machiit/douro/michidukuri/kenkoukouryuu/p003815.html

●がん検診について
「検診のススメ2 ~肺がん編~」
 肺がん=タバコが原因と思っている方、多いのではないでしょうか。しかし、肺がんで亡くなる人の2人に1人は喫煙者でも受動喫煙者でもありません。自分はタバコとは無縁だから肺がんの心配はない、とはいえないのです。
 肺がんは、男女合わせた死亡数が一番多いがんですが、早期に発見すれば生存率が高いがんでもあります。早期発見の場合、5年後の生存率は8割を超えています。早期発見のためには、自覚症状がなくても検診を受けることが大切なのです。
 厚木市の肺がん検診は、胸部エックス線撮影(いわゆるレントゲン撮影)です。見落としがないように、2人の医師が別々にフィルム(データ)をチェックしています。短時間で済み、体に大きな負担がかかる検査ではありませんので、年に一度、肺がん検診を受けましょう。
【厚木市HP がん検診について】
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/gankensin1/gankenshin/d034624.html

●あゆコロちゃんGENKIポイント
「30ポイント対象イベントのお知らせ」
 10月に各地区で「秋季健康まつり(大運動会)」が、10月20日に「あつぎマラソン」と「少年少女球技大会」が開催されます。これらのイベントは30ポイント対象イベントであり、1回の参加で1枚応募することができます。ふるってご応募ください!
【厚木市HP あゆコロちゃんGENKIポイント】
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/ayukorochangenkipointo/index.html

発信元:健康長寿推進課健康医療係
    電話 046-225-2174