トップへ戻る

ケータイSOSネット 【ケータイSOSネット】 2019-12-13 10:24 UP!

昨日、行方不明でお知らせしました、鐘 詩華さんは、無事保護されました。ご協力ありがとうございました。
(厚木市セーフコミュニティくらし安全課)

神奈川工科大学厚木市子ども科学館ニュース 【神奈川工科大学厚木市子ども科学館ニュース】 2019-12-13 09:56 UP!

2019年12月1日号

 みなさん、こんにちは。
今年も残りあとわずか。
早いですね。
今年はいい年でしたか?
来年もいい年になりますように!

 プラネタリウムは、冬番組がスタート。
そして、12/26には日食の観察会を開きますよ!

 ※12/29~1/3は年末年始休館となります。

○12月の星空
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/news/allsky/h31/20191201.png

 今月26日は、インドネシアなどの東南アジアで金環日食が見られます。

 日食とは、太陽、月、地球が一列に並び、
地球から見ると、太陽が月に隠される現象です。
完全に隠れると皆既日食となり、真っ黒な月の後ろから、
太陽の白いコロナが花びらのように見えます。
見かけ上の月が太陽より小さいときは、太陽は全部隠れません。
月の周りからはみだした太陽は、金色の輪のように見えます。
それが金環日食です。

 日本でも2012年5月21日に見られました。
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/sol_ecl/20120521/

子ども科学館では観測会を開き、朝早くからたくさんの方が来館されました。
厚木はあいにくの雨でしたが、雲間から金色の輪が見えたときは、みなさん大興奮でしたね。

 今回は残念ながら日本では金環日食にはならず、部分日食です。
欠け始めは14:28、日没が16:33で、太陽は欠けたまま沈みます。
食の最大は15:35で4割くらい欠けた太陽を見ることができます。
 子ども科学館では日食の始まる前から日没まで観察会を実施します!

 楽しみな観察ですが、大事なお約束が一つ。
観測の時、「絶対に太陽を直接見ない」ことです。
太陽の光はとても強いので、直接見ると目を傷めてしまいます。
もちろん、望遠鏡や双眼鏡で覗くのはもってのほかです。
一瞬で目が見えなくなってしまうので、絶対にしないで下さいね。

 ではどうすればよいのでしょう?
子ども科学館ではいろいろな方法を紹介しています。
一緒に学びながら、楽しく観測しましょう。

https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/h30/sol_ecl/20190106/obs_guide.pdf

 日食について詳しくは、こちら。
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/sol_ecl/


 15日の明け方はふたご座流星群の極(ピーク)です。
毎年多い時には1時間に40個ほども流れる流星群ですが、
今年は満月過ぎの明るいお月様があり、条件は良くありません。
月が目に入らない方向をながめるとよいでしょう。
23日の昼に極大を迎えるこぐま座流星群は、月明りがなく条件は良いですが、
ピークが昼間なので、23日の明け方が狙い目です。

 年末の月明りがない時期は、小さな流星群がいくつかあるので、
ゆっくり空を眺めていると、意外と多くの流星が見られます。
お正月にはしぶんぎ座流星群もあります。
お楽しみに!


★特別天体観望会 12/26(木) 14:00~16:40
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/2019/kannbou/index.html

「日食を見る会」

 部分日食を観測しよう! (屋上・悪天候時中止)

   ・対象   一般(小学生以下は保護者同伴)
   ・参加費  無料
   ・定員 100人(安全確保のため入場制限をする場合があります)
   ・参加方法 時間入退場自由


★キッズ☆プラネタリウム 12/22(日) 12:00〜12:40 13:30~14:10
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/2019/kids_pla/20191222/

「みんなでうたおう!クリスマス」

 恒例の大人気企画。 
 今年も盛り上がりましょう!
 
   ・対象 一般(ファミリー向け)
   ・観覧料  大人200円・中学生以下50円
   ・定員 各回先着90人
   ・申込方法 電話で受付中


★大人のためのプラネタリウム 1/25(土) 18:00~19:00
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/2019/p_tokubetsu/index.html

「童謡と星空めぐり・冬のうた」
 ピアノの生演奏と歌・映像で素敵なひとときを。

   ・対象   15歳以上の方(中学生は除く)
   ・観覧料  大人200円
   ・定員   先着90人
   ・申込方法 年間パスポートお持ちの方 12/21(土)~
それ以外の方 12/22(日)~電話で受付

★プラネタリウム特別番組 12/21(土) 13:30~14:10
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/2019/psukejyu-ru/sun/

※日本語字幕付き、ナレーションあり

「太陽~私たちの母なる星~」

 もっとも身近な恒星、太陽について、古代から現代に至るまでの宇宙観。
太陽の仕組みや現象、誕生から最後を迎えるまでを大迫力の映像でご紹介します。

   ・対象   一般
   ・観覧料  大人200円 中学生以下50円
   ・定員   先着90人
   ・観覧方法 当日9時から観覧券を販売


★昼寝タリウム 12/12(木)・12/19(木)・1/9(木) 12:15~12:45
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/pla/hiruneta/

原則として毎週木曜日(祝日、冬休み期間中、保守点検等を除く)

 ※途中入退場自由
 ※星座や天体の解説はありません。

「クリスマスの星空」(12月)
「ニュージーランドへの旅」(1月)

 そこに漂うのは、星の光と音楽だけ。
座り心地抜群のシートに身をまかせ、
物思いにふけるのも、夢の世界へ出かけるのもあなた次第。
究極のリラクゼーションプログラムです。

   ・対象   一般
   ・観覧料  大人200円 中学生以下50円
   ・定員   先着90人
   ・観覧方法 当日9時から観覧券を販売

※プラネタリウム年間パスポートがお得です。
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/pla/pass/

★プラネタリウム一般投影 (12/7~2/24)
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/2019/psukejyu-ru/

※特別投影などで投影時刻・内容が異なることがあります。
詳しくはWebまたは直接お問合せください。

※各回とも前半に冬の星座紹介があります。

   ・対象   一般
   ・観覧料  大人200円 中学生以下50円
   ・定員   先着90人
   ・観覧方法 当日9時から観覧券を販売

※プラネタリウム年間パスポートがお得です。
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/pla/pass/


「小惑星 ~究極のミッション~」
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/2019/psukejyu-ru/asteroids/

 あなた自身が小惑星ミッションチームの一員の宇宙飛行士です。
さあ、宇宙へ究極のミッションに乗りだしましょう!


「ドラえもん宇宙ふしぎ大探検3 ~地球のふしぎ~」(12/28まで)
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/2019/psukejyu-ru/doraemon3/

 ドラえもんやのび太達は、ひみつ道具を使って地球のふしぎを体験する旅に出かけます。
地底探検車で地下に眠る恐竜の化石を発見したり、
タイムマシンで恐竜絶滅の場面にでくわしたり、
地球製造セットで46億年前の地球誕生の現場に降りたつなど、
番組では、地球のふしぎを解き明かすヒントを学んでいきます。


「ハローキティ トゥインクル☆ムーンライト」(1/4~1/7)
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/2019/psukejyu-ru/hellokitty/
 満月の夜には、不思議なことが起こります。
流れ星の一筋の光を浴びたキティたちは、空から落ちてきたステッキの落とし主を探しに魔法のリンゴを使って、夜空へと旅立ちます。
満天の星の中、キティたちは夢のような時間を過ごすのですが・・・
 人気のサンリオキャラクターズとともに、誰もが待ち望んでいたプラネタリウムファンタジーへ!


「生命大躍進」(1/11~)
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/2019/psukejyu-ru/seimei/

 地球最初の生命が誕生したのは40億年前。
途切れることなくつながっている生命。
遥かな時を超えた壮大な時間旅行に出かけよう!


「APOLLO11 FIRST STEPS EDITION」
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/2019/psukejyu-ru/a11/

※星座解説はありません


 1969年7月20日、人類が初めて月に降り立った。
その日から50年。当時、実際に撮影された映像と録音された音声を
最新の4Kデジタルリマスター技術で大型映像に甦らせた。
アポロ11号を搭載したサターンVロケットの打ち上げから月軌道までの飛行。
月への降下と月面着陸、月面での船外活動。
着陸船での月面離脱と、母船とのドッキング、そして帰還まで。
アームストロング船長ら宇宙飛行士とケネディ宇宙センター管制官との
真に迫る50年前の音声を交えながら、宇宙を舞台に人類初の偉業を描きだす。


「プラネタリウム ちびまるこちゃん ~それでも地球はまわっている~」
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/2019/psukejyu-ru/tibimaruko2/

 「地球は回っている?それに気づいたのはだれ?」 ふと疑問に感じたまる子。
もっと地球や宇宙の事を知りたいと思ったまる子たちは科学館へ遊びにいくことに。


○おもしろ実験 12/8(日) 14:30~15:00
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/2019/omoshiro/

短時間でできる簡単な科学遊び。

「月の見方教えます」
 工作と実験で月の楽しみ方を紹介します。

   ・対象   一般
   ・参加費  無料
   ・定員   先着10人
   ・参加方法 10:00~整理券配布

○ミニ工作教室 12/8(日) 13:30~14:00
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/2019/mini/

 作ってかんたん・遊んで楽しい工作教室

「とびだすクリスマスカード」
 カードを開くとサンタさんのお口がパクパク、お鼻がピクピク!

   ・対象   一般
   ・参加費  無料
   ・定員   先着35人
   ・参加方法 10:00~整理券配布

○サイエンスウインター2018 12/15(日) 10:00~15:00
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/2019/sw2019/

「科学の不思議を体験しよう!」

 科学実験、工作教室を開催します。

   ・場所 サイエンスホール250
      (子ども科学館の下の階です)

=======
お知らせ
=======

・12月16日(月)は正午から開館いたします。
・12月29日から1月3日まで休館日となります。


☆神奈川工科大学厚木市子ども科学館
電話 (046)221-4152
PC版WWW
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/
催しものや科学、宇宙の情報満載!

>>> 神奈川工科大学 http://www.kait.jp/
神奈川工科大学は、子ども科学館のネーミングライツ・パートナーです。