トップへ戻る

こころのひだまりcafe~ゲートキーパーフォローアップ講座~ 【こころのひだまりcafe ゲートキーパーフォローアップ講座】 2020-02-15 12:10 UP!

2月は一年の中で最も寒い時期と言われています。
栄養と休息をしっかりとって心と身体の免疫力をあげて、この寒い時期を乗り越えましょう。

◆社会資源の活用について◆
-----------------------------------
社会資源とは、私たちが「困ったときに頼ってよい人や場所」のことです。
自殺を考えている人の多くは、何らかの社会的問題や心身の問題を抱え、生活を続けていくことに困難を感じています。
社会資源の活用により、その「生きづらさ」を減らし、解消することができるかもしれません。
自殺を考える人に社会資源を利用してもらうときには、その社会資源が必要なものであり、利用する価値があると本人に認めてもらうことが大切です。
社会資源の専門機関として、警察・消防・病院・保健福祉事務所や市役所などがあります。
また、地域の相談員・ケアマネージャー・民生委員・自助グループなどもあります。
身近なものとして、近所に住む人・家族・友人・ボランティア・ペット、そしてあなた自身も社会資源のひとつです。

厚木市では、「こころ元気ですか?」という相談窓口の一覧が載ったパンフレットを作成し配布していますので、ぜひご活用ください。
また、つなぎ先に困ったときや悩んだ時は、健康づくり課(046-225-2201)までご相談ください。

☆連携の際に心がけること
支援をつなぐということが大切です。それぞれの立場でできることを行い、決して一人で抱え込まずに、顔の見える関係づくりに心がけ、支援につないでいくことが皆さんに求められることです。

☆安心・安全なまちづくり
自殺対策とは、自殺で亡くなる方を減らすことだけではありません。「暮らしやすいまち・安心・安全なまち」を目指して、
まちづくりをすることです。そのためには、皆さんがそれぞれの生活や役割の中で、気づき・声かけ・傾聴・つなぎ・見守りを続けることが大切です。


ゲートキーパーの心得11◆
---------------------------------------
★ゲートキーパー自身の健康管理、悩み相談も大切
支援者自身が安心して暮らせることも大切です。また、日頃から健康面にも注意を払いましょう。
休養や日頃のストレス対処も大切です。自ら困ったときには信頼できる人に相談しましょう。


◆ストレス解消法9◆
----------------------------
★コミュニケーションを楽しむ
イライラしたこと、仕事の悩みなどは、誰かに話すことでスッキリすることがあります。
話を聞いてもらっただけで心の負担が減り、気持ちがラクになるものです。

●●今月のゲートキーパー確認クイズ●●
答えは一番下。↓↓↓

パソコン :https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/dform.do?id=1581552579758
スマートフォン :https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/sform.do?id=1581552579758


============
 いのちのサポート相談
============
3月5日 (木)午前
3月16日(月)午後
【ご予約】健康づくり課
TEL 046-225-2201

==============
 ストレスマウンテンあつぎ
==============
過去6か月以内に経験した出来事をチェックするだけで、ストレスの蓄積度を確認できる
「ストレスマウンテンあつぎ」をぜひご利用ください。
https://stressmountain-atsugi.jp/



●●ゲートキーパー確認クイズの答え●●
Q3 × 社会資源とは、私たちが「困ったときに頼ってよい人や場所」のことです。
Q4 〇
Q5 〇

※本文の内容は「ゲートキーパー養成研修用テキスト(内閣府)」「ゲートキーパー養成指導者研修資料(神奈川県精神保健福祉センター)」
「ストレスマウンテンあつぎ」を参考に作成しています。

すこやか赤ちゃん通信  2月15日号 【すこやか赤ちゃん通信】 2020-02-15 09:55 UP!

 「赤ちゃんのスキンケアについて」
 冬は、室内を暖かくしても外は寒く、寒暖の差が大きく、空気が乾燥していますね。パパやママはスキンケアをしていますか。スキンケアをして皮膚の乾燥を防ぐと、細菌やウイルスなどが身体に侵入するのを防いで、更に水分が体内から逃げないようにしてくれる皮膚バリア機能が保たれます。
 今回は「赤ちゃんのスキンケアについて」お話しします。
 赤ちゃんの皮膚の一番外側の表皮の厚さは、大人の半分くらいです。新生児期の間は、皮膚の角層水分保持機能が未熟ですが、お母さんからの性ホルモンの影響で、皮脂腺の働きが活発化して皮脂成分が多くなっているようです。しかし生後2か月ごろを過ぎると、お母さんからの性ホルモンを使い切ってしまい、皮脂の生産は次第に減少します。たくさんの汗をかくため、一見は乾燥肌でないように見えますが、実は皮脂をバランス良く作ることができないため、汗をかいた後は乾燥肌となってしまいます。加えて冬は湿度も低いため、赤ちゃんの肌は大人以上に乾燥します。皮膚バリア機能を保つためには、石鹸の泡で手指を使って優しく洗ってあげることと、保湿ケアが重要です。冬の保湿剤は油分の多いクリームなどを使用するとよいでしょう。逆に暑い季節はローションやスプレータイプを使うなど、季節によって使い分けるとよいですね。
 肌荒れすると皮膚バリア機能が低下して、外から様々な物質が侵入しやすくなります。花粉やハウスダストに含まれるダニの破片などがアレルギーの原因になる可能性もあります。特に入浴後は保湿ケアをしてあげましょう。保湿剤の使用量の目安は、チューブに入っている保湿クリームなら大人の人差し指の先端から1つ目の関節までの長さを押し出した量、またはローションなら1円玉大に出した量が大人の両手のひらに塗る量です。顔、おなか、背中、手足などにちょんちょんと点在させ、手のひらを滑らせてやさしく塗り広げます。入浴後5分以内を目安に塗るとより効果的です。
 お顔のケアも同じです。入浴の時も石鹸を使って洗い、丁寧にすすぎ、その後に保湿をしましょう。授乳や離乳食の後に顔が汚れたら、濡れたティッシュなどでこすらず優しくきれいに拭いて、ワセリンや保湿クリーム、ローションを塗りましょう。

☆赤ちゃんについての様々な情報☆

子どもの予防接種
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/yobou/d026620.html

「あゆコロちゃんのちっくんナビ」で予防接種の管理を!
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/yobou/d028655.html

乳児健康診査(4か月児健康診査、8~9か月児健康診査)
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/shinsa/d037728.html

乳児幼児健康相談
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/kodomo/d037724.html

麻しん・風しんについて
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/yobou/d026663.html

子どもインフルエンザ予防接種について
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/yobou/d022755.html

※上記情報について、一部携帯電話からは表示されない可能性があります。

すこやか赤ちゃん通信の詳細について
携帯版(メールマガジン一覧)
http://www1.city.atsugi.kanagawa.jp/cp/shiminbenri/kurasi/jouhouit/internet/mailmagazine/p004588.html

パソコン版
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/iryofukusi/kenkou/kodomo/p004366.html