• TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  こころのひだまり通信 ゲートキーパーフォローアップ講座

こころのひだまり通信 1月号~ゲートキーパーフォローアップ講座~ 【こころのひだまり通信 ゲートキーパーフォローアップ講座】 2023-01-15 12:10 UP!

あけましておめでとうございます。新しい年の始まりですね。年末年始をゆっくり過ごしてリフレッシュできましたでしょうか。今年は明るく、元気になる話題の多い一年になるといいですね。
今年も皆様にとって有益な情報をお伝えしていきますので、よろしくお願いいたします。

今月のテーマは「自死(じし)遺族(いぞく)支援」です。
「自死遺族支援」とは、大切な人を自死(自殺)で亡くした方が、偏見にさらされることなく、悲しみと向き合い、周りのサポートを受けながら、死別の痛みから回復し、その人らしい生き方をサポートすることです。


◆自死遺族支援とケア◆
----------------------------------------------------------
自殺でご家族等を亡くされた方を自死遺族と言います。
自死遺族の方は、ご家族を亡くした強い悲しみや、自分のせいで家族は自殺してしまったのではないかという自責の念、抑うつ、不安な気持ちを抱えています。
さらに、周囲からの心無い言動や偏見等に傷つき、様々な手続き等で心理的にも身体的にも疲れてしまい、抑うつ状態や不眠、食欲低下や疲労感等に悩んでいます。
大切なご家族を自死で亡くしたときに人が抱く痛みの表れ方にも個人差があり、場合によっては様々なこころの問題が起きる場合があるので、そのことを理解することがとても重要です。

★自死遺族と支援のポイント
1 情報提供、生活支援及び法的支援を基本にする
2 「ただ寄り添う」という姿勢を大事にする
3 安易な励ましや慰めはしない
4 原因の追究や非難はしない
5 遺族同士の「分かち合い」の場を確保する
6 心理的ケアや精神科治療を安易に勧めたり、強く勧めない

一人の自殺者に最低5人の自死遺族がいると言われています。毎年、自殺者の増加に伴い、5倍以上のスピードで自死遺族は増え続けていることになります。自死遺族の方は孤立しやすく、周囲には自分の気持ちを出すことが難しいため、辛い気持ちや状況を受け止める社会の受け皿が求められています。周囲のサポートや同じ体験をした人たちと安心して語り、気持ちを分かち合うことのできる遺族会、自助グループ等の情報提供や相談窓口の周知が必要です。


◆自死遺族の自助グループ◆
-----------------------------------------
自助グループとは、同じ問題を抱える者同士が集まり、自身の体験やありのままの思いを語り合うことで、互いに援助し、回復を目指す集団とその活動です。同じ悩みを持つ者同士であるからこそ、互いに理解し合え、何でも正直に打ち明けることができ、また様々な問題に対する具体的な対策や知恵を学ぶ機会も得られます。さらに集団の持つエネルギーに触発されて、自尊心や自信が回復し、個人が元来持っている自己回復力そのものが高まる効果も期待できます。


★神奈川県自死遺族の集い
神奈川県では自死(自殺)で身近な、大切な人(家族・親戚・友人等)を亡くされた方の集まりを行っています。参加費は無料、予約は不要、匿名での参加もできます。ご自分のこと(苦しんでいること、悩んでいること、これからの人生等)をお話ししたり、他の方のお話を聴くだけの参加でも構いません。


◇ネガティブ・ケイパビリティ◇
-----------------------------------------------
「ネガティブ・ケイパビリティ」は最近教育、医療、介護の現場等で注目されてきている言葉ですが、まだまだ聞き慣れない言葉かもしれません。
ネガティブ・ケイパビリティとは、「どうにも答えの出ない、どうにも対処しようのない事態に耐える能力」「性急に証明や理由を求めずに、不確実さや不思議さ、懐疑の中にいることができる能力」のことです。
現代は感染症の拡大、急激な物価高等「答えの出ない事態に耐える力」が求められる時代になっています。どうにも答えの出ない事態に耐える力がないと、人はストレスを募らせて「寛容」でなくなってしまいます。「寛容」でないと、人を許せなくなり、他人を必要以上に攻撃するようになってしまいます。「寛容」が心穏やかに過ごせる社会と平和な世界を作っており、その「寛容」を支えているのがネガティブ・ケイパビリティです。
また、ゲートキーパーに求められる相手を本当に思いやる「共感」も、ネガティブ・ケイパビリティが共感に至る手立てだと言われています。
私たちは、これまで解決すること、早く答えを出すことを常に求められてきました。しかし、それだけが能力ではありません。どうにもならないように見える問題でもなんとか持ちこたえていくうちに落ち着くところに落ち着き、解決していくかもしれません。せっかちな見せかけの解決ではなく「寛容」や「共感」の土台にあるネガティブ・ケイパビリティが生きづらさや先が見えない不安を和らげるヒントになるかもしれません。


●●今月のゲートキーパー確認クイズ●●

https://dshinsei.e-kanagawa.lg.jp/142123-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=45113

答えは一番下。↓↓↓


============
いのちのサポート相談
============
2月2日 (木)午前
2月20日(月)午後
【ご予約】健康づくり課
TEL 046-225-2201


==============
「ストレスマウンテンあつぎ」
==============
過去6か月以内に経験した出来事をチェックするだけで、自分のストレス蓄積度を確認できるウェブサービスです。スマートフォンやパソコンから気軽にご利用いただけますので、日々のストレスチェックにぜひご利用ください。
https://stressmountain-atsugi.jp/


●●ゲートキーパー確認クイズの答え●●
Q3 ×  ただ寄り添う姿勢が大切です。安易に心理的ケアや精神科治療を勧めるのはよくあり
ません。
Q4 〇
Q5 ○

※本文の内容は「ゲートキーパー養成研修用テキスト(内閣府)」「ゲートキーパー養成指導者研修資料(神奈川県精神保健福祉センター)」「ネガティブ・ケイパビリティ答えの出ない事態に耐える力(箒木蓬生)」を参考に作成しています。

【相談窓口一覧】

ひとりで悩まず相談しましょう!!

厚生労働省
「まもろうよこころ」
https://www.mhlw.go.jp/mamorouyokokoro/
いのちと暮らしの相談ナビ
http://lifelink-db.org/

ゲートキーパー
https://www.mhlw.go.jp/mamorouyokokoro/gatekeeper/   

神奈川県
「こころナビかながわ」
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/nf5/cnt/kokoronabi.html
LINE相談「いのちのほっとライン@かながわ」
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/nf5/cnt/linesoudan.html

厚木市 
相談窓口のご案内「こころ、元気ですか?」
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/iryo_fukushi/iryo_kenko/7/3/13426.html

こころのひだまり通信 12月号~ゲートキーパーフォローアップ講座~ 【こころのひだまり通信 ゲートキーパーフォローアップ講座】 2022-12-15 12:10 UP!

紅葉も終わり、いよいよ本格的な冬がやって来ました。
感染症や風邪の予防には、免疫物質の素になる「タンパク質」、粘膜を丈夫にし、免疫力を高める「ビタミンA」や「ビタミンC」を多く含む食品を積極的に摂りましょう。また、夜はお風呂にゆっくり入り、しっかり身体を温めてから休みましょう。
今年も残りわずかとなりましたが、皆様、引き続き新型コロナウイルス感染症やインフルエンザには十分気を付けていただき、良いお正月をお迎えください。


◆ストレスへの対応◆
----------------------------
適度なストレスは生活にメリハリを与えますが、ストレスが大きく、長く続くとこころと身体の調子も悪くなってしまいます。自分に合った対処方法を身に付け、ストレスとバランスよく付き合いましょう。今回は、8つのストレス対処法をご案内します。

◎ストレス対処法1
----------------------------
★ギャンブル、お酒以外の趣味を持つ
スポーツに熱中する、家庭菜園で農作業をするなど、ストレスがあっても、没頭できる趣味があれば気分転換が可能です。
しかし、競馬やパチンコなどのギャンブルは金銭的なストレス、付き合いのゴルフは仕事のストレスにつながり、また、過度な飲酒はこころと身体の健康を害するので注意が必要です。

◎ストレス対処法2
----------------------------
★入浴を楽しむ
入浴は身体を清潔にするだけではなく、疲労回復や気分をリフレッシュさせる効果があります。特に効果的なのが、ぬるめのお湯での半身浴です。心臓への負担も少なく、副交感神経が活性化されるので、ストレス解消につながります。

◎ストレス対処法3
----------------------------
★しっかり眠る
睡眠時間は、長ければ良いというものではなく、その質もポイントです。大切なのは「気持ちよく目覚める」睡眠かどうかです。睡眠そのものよりむしろ、日中眠気がないか、活動性や集中力を保てるかに着目しましょう。
眠る前にはコーヒーや緑茶などカフェインを含むものを飲むことは避けましょう。また、テレビやパソコン、スマートフォンなどブルーライトを発するものを見るのは、眠る1時間前にはやめましょう。そして、毎日、できる限りリラックスする時間を持ちましょう。

◎ストレス対処法4
----------------------------
★日常生活の中で身体を動かす
適度な運動は、様々な病気を予防し、疲労やストレスを解消するなどの効果があります。しかし、これまで運動をしていなかった人が急に始めると、ケガをしたり、長続きしなかったりします。ウォーキングやストレッチなど日常生活の中で手軽にできることから始めましょう。

◎ストレス対処法5
----------------------------
★ストレスに効く栄養素を摂る
一日三食規則正しく、栄養バランスを考えた食事を摂ることは、健康なこころと身体をつくり、病気やストレスへの抵抗力を高めます。
特に、ストレスへの耐久を高めるビタミンB1、ビタミンC、カルシウムを多く含む食品を組み合わせて摂ると効果的です。
☆ビタミンB1を多く含む食品
豚肉・ごま・落花生・大豆・玄米・小麦胚芽・ウナギ・タラコなど
☆ビタミンCを多く含む食品
みかんやレモンなどの柑橘類・ピーマン・ホウレンソウ・ブロッコリー・ジャガイモ・煎茶など
☆カルシウムを多く含む食品
牛乳・ナチュラルチーズ・ゴマ・昆布・ひじき・しらす干し・イワシの丸干し・干しエビなど

◎ストレス対処法6
----------------------------
★変化を重ねない
「昇進した」「新居を購入して、引っ越しした」「慣れない職場で仕事を長時間頑張る」こうした変化が重なった結果、こころの健康に影響を及ぼす恐れがあります。良い出来事であれ、環境の変化はストレス要因になります。
体調が優れないときや気分が落ち込んでいる時は、新しいことは始めず、自分の好きなことで気分転換し、変化を重ねないように注意しましょう。

◎ストレス対処法7
----------------------------
★ものの見方、気の持ち方を変えてみる
自分の考え方の癖を知り、上手にバランスをとりましょう。感情よりも行動や思考の方が自分でコントロールしやすいものです。変えられそうなことから始めれば不思議と気分にも好影響があります。

◎ストレス対処法8
----------------------------
★コミュニケーションを楽しむ
イライラしたこと、仕事の悩みなどは、誰かに話すことでスッキリすることがあります。
話を聴いてもらっただけでこころの負担が減り、気持ちが楽になるものです。
今日のコロナ禍で人と会うことが難しい場合は、メールやSNSを利用して連絡をしてみてもよいかもしれません。



◇ポジティブ感情とは◇
---------------------------------
ポジティブ感情とは、喜びや安らぎ、笑いなどポジティブな感情のことです。最近、心理学の世界では注目され、様々な研究が行われています。
ポジティブな感情は、私たちの視野を広げ、思考や行動の幅を広げ積極的にさせます。その結果、成功体験を得られ喜びや達成感が増し、よりポジティブな感情が増します。
またポジティブ感情は免疫力を高め、がんの再発のリスクを減少させることや、ネガティブ感情にとらわれていた状態から抜け出すきっかけを果たしているのではないかとも考えられるようになってきました。ポジティブな感情自体が、ポジティブな感情のループを生み出しているということです。


●●今月のゲートキーパー確認クイズ●●

https://dshinsei.e-kanagawa.lg.jp/142123-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=43602

答えは一番下。↓↓↓


============
いのちのサポート相談
============
1月5日 (木)午前
1月16日(月)午後
【ご予約】健康づくり課
TEL 046-225-2201


==============
「ストレスマウンテンあつぎ」
==============
過去6か月以内に経験した出来事をチェックするだけで、自分のストレス蓄積度を確認できるウェブサービスです。スマートフォンやパソコンから気軽にご利用いただけますので、日々のストレスチェックにぜひご利用ください。
https://stressmountain-atsugi.jp/


●●ゲートキーパー確認クイズの答え●●
Q3 ○
Q4 × 良い環境の変化であってもストレスの要因となりうるので注意が必要です。
Q5 ○ その結果、成功体験を得られ、喜びや達成感が増し、よりポジティブな感情が増します。

※本文の内容は「ゲートキーパー養成研修用テキスト(内閣府)」「ゲートキーパー養成指導者研修資料(神奈川県精神保健福祉センター)」「Fredrickson, B. L., & Joiner, T. 2002 Positive emotions trigger upward spirals toward emotional well-being. Psychological Sciences,」を参考に作成しています。

【相談窓口一覧】

ひとりで悩まず相談しましょう!!

厚生労働省
「まもろうよこころ」
https://www.mhlw.go.jp/mamorouyokokoro/
いのちと暮らしの相談ナビ
http://lifelink-db.org/

ゲートキーパー
https://www.mhlw.go.jp/mamorouyokokoro/gatekeeper/   

神奈川県
「こころナビかながわ」
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/nf5/cnt/kokoronabi.html
LINE相談「いのちのほっとライン@かながわ」
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/nf5/cnt/linesoudan.html

厚木市 
相談窓口のご案内「こころ、元気ですか?」
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/iryo_fukushi/iryo_kenko/7/3/13426.html

こころのひだまり通信 11月号~ゲートキーパーフォローアップ講座~ 【こころのひだまり通信 ゲートキーパーフォローアップ講座】 2022-11-15 12:10 UP!

朝晩の冷え込みも強くなり、日に日に木の葉が色とりどりに染まる風景に秋の深まりを感じ、日照時間もだんだんと短くなってくる季節になりました。日中の時間を有効活用して日差しをたっぷり浴びましょう。日差しを浴びると体内時計も整い、こころを幸せな気持ちにしてくれるホルモンも作られ、心身の健康を保つことができます。ぜひ思い思いに日中、屋外での活動を楽しんでみてください。

◆信頼関係を築くために◆
~傾聴について~
---------------------------------------------------------
★傾聴とは
傾聴とは、相手の話に耳を傾け、その言葉と気持ちを受け止めることです。相手の感情に焦点を当て、共感、支持することが大切です。信頼関係を築くためには、話し手が気持ちよく安心して話せる場づくりが求められます。

★傾聴の具体的行動
1 相づちを打つ「そうだったんですね」
2 相手の言葉や思いを繰り返す
3 「でも」など、相手の言葉をさえぎる言葉を使わない
4 十分に話を聴いてから、ねぎらいの言葉を伝える
「大変でしたね」「つらかったですね」「よくやってこられましたね」「本当にお疲れ様でしたね」
5 相手の訴えを整理して、はっきりさせる
6 先入観を持たずに聴く

★安心して話せる場づくりには
プライバシーに十分配慮し、静かに対話ができる場所とゆっくり話を聴くことができる時間の確保が必要です。やわらかい雰囲気をつくる、アイコンタクトをする、腕組みや足組みをしない、ポケットに手を入れないなど聴き手の態度にも注意が必要です。

★やってはいけないこと
1 相手が自分の問題について話し終わる前に問題の解決方法を話し始める
2 社会一般的な価値観を押し付ける
3 話題をそらす
4 激励する
5 勝手な解釈や評価、批判をする
6 質問を連発する
       
相手が自分の問題について話し終わる前に、問題の解決方法を話し始めてしまうと、相手の気持ちとしては、じっくり最後まで話を聴いてもらえなかったという気持ちが強く、助言も本人の中に入っていきません。また、死にたいと考えてしまうまでの過程には、社会一般的な価値観からは離れた価値観が見えることがありますが、批判したり自分の価値観を押しつけるようなことはせずに、本人のつらい気持ちに焦点を当ててしっかりと話を聴いてください。


◇マインドフルネス◇
---------------------------------------------------------
最近、「マインドフルネス」という言葉を耳にする機会があります。
「マインドフルネス」とは、あるがまま受け入れるこころを育てる練習のことです。
私たちは、今この瞬間を生きているようでいて、実は過去や未来のことを考えて、「心ここにあらず」の状態が多くの時間を占めています。特に、過去の失敗や未来の不安といったネガティブなことほど、考えを占める時間が長くなりがちです。
無意識のうちに自分で不安やストレスを増幅させてしまっているのです。
こうした心ここにあらずの状態から抜けだし、こころを"今"に向けた状態を「マインドフルネス」といいます。
「マインドフルネス」が心身の健康の改善に役立つと言われていますので、食事に集中して美味しく食べる、きれいな景色を眺める、好きなことに没頭するなど、一つのことに意識をして、丁寧に生活することで日々の気持ちに変化が生まれます。身近なことから始めてみましょう。


●●今月のゲートキーパー確認クイズ●●

 https://dshinsei.e-kanagawa.lg.jp/142123-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=42326

答えは一番下。↓↓↓


============
いのちのサポート相談
============
12月1日 (木)午前
12月19日(月)午後
【ご予約】健康づくり課
TEL 046-225-2201


==============
「ストレスマウンテンあつぎ」
==============
過去6か月以内に経験した出来事をチェックするだけで、自分のストレス蓄積度を確認できるウェブサービスです。スマートフォンやパソコンから気軽にご利用いただけますので、日々のストレスチェックにぜひご利用ください。
https://stressmountain-atsugi.jp/


●●ゲートキーパー確認クイズの答え●●
Q3 〇
Q4 ×相手が自分の問題について話し終わる前に、問題の解決方法を話し始めてしまうと、相手の気持ちとしては、じっくり最後まで話を聴いてもらえなかったという気持ちが強く、助言も本人の中に入っていきません。
Q5 〇

※本文の内容は「ゲートキーパー養成研修用テキスト(内閣府)」「ゲートキーパー養成指導者研修資料(神奈川県精神保健福祉センター)」「日本マインドフルネス学会HP」を参考に作成しています。

【相談窓口一覧】

ひとりで悩まず相談しましょう!!

厚生労働省
「まもろうよこころ」
https://www.mhlw.go.jp/mamorouyokokoro/
いのちと暮らしの相談ナビ
http://lifelink-db.org/

ゲートキーパー
https://www.mhlw.go.jp/mamorouyokokoro/gatekeeper/   

神奈川県
「こころナビかながわ」
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/nf5/cnt/kokoronabi.html
LINE相談「いのちのほっとライン@かながわ」
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/nf5/cnt/linesoudan.html

厚木市 
相談窓口のご案内「こころ、元気ですか?」
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/iryo_fukushi/iryo_kenko/7/3/13426.html