神奈川工科大学厚木市子ども科学館ニュース 【神奈川工科大学厚木市子ども科学館ニュース】 2022-10-02 17:10 UP!

2022年10月1日号

===============
重要なお知らせ
===============

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、プラネタリウム投影や催し物の定員など、引き続き制限を設ける場合があります。
ご不便をおかけしますが、ご協力をお願いいたします。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/soshiki/seishonenka/kagakukan/kaikan.html


=================
Twitter始めました
=================

子ども科学館公式アカウント

@atsugikagaku

プラネタリウム残席情報もつぶやきます。



 みなさん、こんにちは。
中秋の名月も過ぎ、すっかり秋らしくなりました。
秋は学園祭や体育祭で忙しい方も多いでしょうか?
それとも紅葉狩りの計画を立てている方もいるかもしれませんね。
スポーツの秋? 読書の秋? 食欲の秋もいいですね。
昼間忙しく過ごした方も、夜はのんびりと、「星空の秋」はいかがでしょうか?


○ 10月の星空
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/soshiki/seishonenka/kagakukan/astro/hoshizora/R04.html


 9月27日に「衝(しょう)」を迎えた木星が目立ってきました。
地球から見てちょうど太陽と反対側の位置に来るので、
日没の頃昇りはじめ、一晩中観測することができます。
-2.9等と1等星の約40倍もの明るさなので、飛行機に間違われるほどです。
明るい星が少ない秋の星座の中で、0.5等の土星と並び、黄色く光る2つの惑星。
あまり瞬かずどっしりとした輝きを放つ惑星は、他の星とはかなり違って見えています。

 特に今月は2つの惑星の動きに注目です。
惑星たちは星座の星たちの中を複雑に動きます。
星座の星は1日後にほぼ同じ位置に戻りますが、惑星は少し動きます。
たいていは「順行」と言って、左側(東側)に動いていきますが、
時々「逆行」と言い、右(西)に動くことがあるのです。
逆行は衝の前後に起こる現象です。
太陽に近い惑星の方が太陽の周りを早く周るので(公転)、
時々、遠い惑星を追い抜きます。
その時起こるのが逆行です。
木星や土星は地球より外側を周っているので、地球が追い抜く時に逆行が起こります。
言葉だけだとなかなかイメージするのが難しいかもしれませんね。
2つの惑星は今、逆行の真っ最中ですが、今月23日から土星が順行に戻ります。
星空の中をどのように惑星が動いているのか、星座の図に印を付けながら見ていくと面白いですよ。

 そんな木星をNASAがとらえた映像をご覧になりましたか?
昨年のクリスマスに打ち上げられた「ジェームズ・ウエッブ宇宙望遠鏡(JWST)」が
映したもの。
https://blogs.nasa.gov/webb/2022/08/22/webbs-jupiter-images-showcase-auroras-hazes/

 素晴らしい解像度で、細かい模様がくっきり映し出されています。
中でも驚いたのは、木星を取り巻くリングまで写っていたことです。
なんとも衝撃的な映像。
 これまで活躍したハッブル宇宙望遠鏡は、人が見ることができる可視光をとらえます。
JWSTは赤外線望遠鏡なので、私たち人間の目では見ることができない赤外線をとらえます。
なぜそんな観測をするのでしょうか?
それは可視光では見ることができないガスなどの障害物の奥まで見えること。
赤外線は波長が長いため、ガスや塵があっても邪魔されにくく、
通り抜けることができるのです。
そのため赤外線さえ出していれば、ガスの向こう側にある物体も
観測することができるのです。
街の光や排気ガスなどの影響を避け、高い山の上などに作った望遠鏡も、
地上にある限り天気や大気の影響を受けてしまいます。
そのため宇宙空間に作ったのがハッブル宇宙望遠鏡。
ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた宇宙の姿は想像もできないほど素晴らしいものでした。

 そして更にその上をいくJWST。
これからどのような映像を見せてくれるのか想像もつきません。
とても楽しみですね。

 JWSTの映像はNASAのウェブサイトで見ることができます。
https://webbtelescope.org/
ながめるだけでも、ため息が出る美しさです!


★特別天体観望会「皆既月食を見る会」 11/8(火) 18:30~22:00
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/soshiki/seishonenka/kagakukan/events/20154.html

天体望遠鏡で皆既月食を観測しよう!

   ・対象   一般(小学生以下は保護者同伴)
   ・参加費  無料
   ・定員    先着25人
   ・申込方法 10/22(土)(市外の方は翌日)から電話で受付


★大人のためのプラネタリウム 10/29(土) 18:00~19:00
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/soshiki/seishonenka/kagakukan/planetarium/otona_pla.html


「皆既月食徹底ガイド」
 11月8日に見られる皆既月食。
 月食の仕組み、観測するための知識や方法をじっくりご紹介します。


   ・対象   15歳以上の方(中学生は除く)
   ・観覧料  200円
   ・定員   先着90人
   ・申込方法 電話で受付中

★マタニティプラネタリウム 11/3(木・祝) 13:30~14:15
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/soshiki/seishonenka/kagakukan/planetarium/20138.html

 プラネタリウムの満天の星をながめながらリラックスしたひと時を。

   ・対象   妊婦さんとその付き添いの方(成人)
   ・観覧料  200円
   ・定員   先着78人
   ・申込方法 電話で受付中

 ※1歳以上のお子様を対象に託児あります。(先着順 10/8締切り)


★プラネタリウム特別番組 「見えない宇宙に挑む」 10/15(土) 13:30~14:15
※ 日本語字幕付き・ナレーションあり
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/soshiki/seishonenka/kagakukan/planetarium/program/28787.html

 すべての古代文明は必要に駆られ、星空を研究していました。しかしそれは目で見える範囲のものでしかありませんでした。
17世紀、天体望遠鏡の出現によって天体観測は飛躍的な変革を遂げ、現在は精密な科学装置へと進化しています。
そして私たちは「目で見える宇宙」だけではなく、「見えない宇宙」があることに気づきました。
遠くて暗いものだけでなく、光の波長やニュートリノ、重力波など…。
 今私たちは科学の力によって、その境界を垣間見ることができるのです。

   ・対象   一般
   ・観覧料  大人200円 中学生以下50円
   ・定員   先着90人
   ・観覧方法 当日9時から観覧券を販売


★昼寝タリウム 「ニュージーランドへの旅」
10/6(木)・10/13(木)・10/20(木)・10/27(木)・11/10(木) 12:15~12:45
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/soshiki/seishonenka/kagakukan/planetarium/program/21373.html

※ 途中入退場自由
※ 原則として毎週木曜日(祝日、保守点検等を除く)

 そこに漂うのは、星の光と音楽だけ。
 座り心地抜群のシートに身をまかせ、物思いにふけるのも、夢の世界へ出かけるのもあなた次第。
究極のリラクゼーションプログラムです。

   ・対象   一般
   ・観覧料  大人200円 中学生以下50円
   ・定員   先着90人
   ・観覧方法 当日9時から観覧券を販売


* 新たに日本語字幕がつきました。
  字幕での星座解説もお楽しみいただけます。

★10時のプラネタリウム ~プラネタリウムデビューにおすすめ~
土・日・祝日の10:00~10:30
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/soshiki/seishonenka/kagakukan/planetarium/20303.html

 暗いのが怖くても大丈夫!
小さなお子さま向けに短時間、入退場自由のやさしいプラネタリウムを準備しました。

 ※ 大人の方のみでもご覧いただけます。


「きらきらタイム ~おほしさま、みいつけた! 秋の巻~」
10/1(土)・10/8(土)・10/15(土)・10/22(土)・10/29(土) ・11/5(土)
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/soshiki/seishonenka/kagakukan/planetarium/program/20135.html

※ 原則として毎週土曜日
※ 星座解説はありません。


 かわいいアニメーションとやさしい星空案内でプラネタリウムデビューにぴったり。
おひざにだっこの赤ちゃんも楽しめる番組です。



「ハローキティ ~トゥインクル☆ムーンライト~」
10/2(日)・10/9(日)・10/10(月・祝)・10/16(日)・10/23(日)・10/30(日)・11/3(木・祝)
 ※ 原則として毎週日・祝日
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/soshiki/seishonenka/kagakukan/planetarium/program/26932.html

 キュートがいっぱいのCUTErium(キュートリウム)できらめく星空の旅へ。
サンリオキャラクターと一緒に夢見るキラキラの世界を。


   ・対象   一般
   ・観覧料  大人200円 中学生以下50円
   ・定員   先着90人
   ・観覧方法 当日9時から観覧券を販売


★ プラネタリウム一般投影 9/3(土)~11/27(日)
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/soshiki/seishonenka/kagakukan/planetarium/20129.html

※ 特別投影などで投影時刻・内容が異なることがあります。

詳しくはWebまたは直接お問合せください。

※ 原則として、各回とも前半に星座紹介があります。



   ・対象   一般
   ・観覧料  大人200円 中学生以下50円
   ・定員   先着90人
   ・観覧方法 当日9時から観覧券を販売

※ プラネタリウム年間パスポートがお得です。

https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/soshiki/seishonenka/kagakukan/planetarium/pass.html



「手ぶくろを買いに」
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/soshiki/seishonenka/kagakukan/planetarium/program/32555.html

 児童文学の人気作品、新美南吉の童話がプラネタリウムになりました。
 冷たい雪で牡丹色になった手の子狐に、母狐は毛糸の手袋を買ってやろうと思います。
片手を人間の手にしてもらった子狐は、無事に手袋を買うことができるでしょうか?
「ほんとうに人間はいいものかしら。ほんとうに人間はいいものかしら。」
坊やの狐の無邪気さが、お母さん狐の心を揺らします。


「プラネタリウムでチコちゃんに叱られる!
~チコとキョエの宇宙大冒険!無知との遭遇~」
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/soshiki/seishonenka/kagakukan/planetarium/program/30340.html

 NHKの人気テレビ番組「チコちゃんに叱られる!」がプラネタリウムになりました!
 広大な宇宙へ飛び立ったチコちゃんとキョエちゃんを待ち受けるのは、宇宙に関する素朴な疑問の数々。
あなたもチコちゃんに叱られる?!


「ハナビリウム ~花火って、なんであるの?~」
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/soshiki/seishonenka/kagakukan/planetarium/program/30341.html

 火薬のこども・ヒバナがけむりのおじいさんに出会い、立派な花火を目指します。
 5000発の実写花火映像の迫力と共に、花火の歴史や科学的な仕組みも解説。
満足感たっぷりの番組で、あなたも今日から花火を100倍楽しめる?!


○土曜科学実験室 10/22(土) 13:30~15:30
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/soshiki/seishonenka/kagakukan/events/20158.html

「ミクロの世界を探検」
 顕微鏡を使って身の回りのものを観察します。
そこにはいったいどんな世界が・・・!?

   ・対象   小学生以上
   ・参加費  無料
   ・定員   24人(多数の場合は抽選)
   ・申込方法 10/1 (土)~10/7(金) 講座予約システムで受付

※ 定員に達しなかった場合は10/15から電話で受付(先着順)


○ミニ工作 10/9(日) 13:30~14:00・14:30~15:00
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/soshiki/seishonenka/kagakukan/events/20149.html

 作ってかんたん・遊んで楽しい工作教室!

「ふわふわテープ玉」
 キラキラするテープ玉を回すと、どんな形ができるかな?

・対象   一般
・参加費  無料
・定員   各回先着24人
・申込方法 当日9時から電話で受付


=======================================
プラネタリウム年間パスポート絶賛販売中
=======================================

 大人・800円、 子ども(4歳から中学生まで)・200円で、

「1年間」「何度でも」プラネタリウムをご覧いただけます。

 詳しくは、こちら。
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/soshiki/seishonenka/kagakukan/planetarium/pass.html


////////
お知らせ
////////


※ 10/17(月)は正午から開館します。

☆神奈川工科大学厚木市子ども科学館
電話 (046)221-4152
PC版WWW
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/

>>> 神奈川工科大学 http://www.kait.jp/

神奈川工科大学は、子ども科学館のネーミングライツ・パートナーです。